スタッフブログ

睡眠の悩みを抱えている方へ

なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚めてしまうなど、睡眠の悩みを抱えていませんか?
不眠は疲労や倦怠感を生み出すだけではなく、身体にさまざまな悪影響を与えます。
そのため、不眠を改善したいと考えている方も多いでしょう。
整骨院では施術によってぐっすりと眠れるようになるサポートを行っています。
今回は、不眠の原因や対処法についてご紹介します。

寝てる子

 

不眠が引き起こす不調とは

十分に睡眠が十分に取れないことを「不眠」と呼びます。
寝つきの悪さや何度も目が覚めてしまうこと、朝早く目が覚めてしまうことなど睡眠の悩みにはさまざまな種類があります。
こうした不眠によって、身体はさまざまな不調を引き起こしてしまいます。

・倦怠感、疲労が残る
私たちは、日中の疲労を睡眠によって回復しています。
しかし、睡眠が十分に取れなければ、身体の疲労が回復されずに疲労が残ってしまいます。
その結果、寝ても疲労や倦怠感が残ってしまうようになるのです。
倦怠感や疲労があれば、日中の仕事や家事もはかどらなくなってしまうでしょう。

・身体の痛みやこり
肩や腰は、日常の姿勢や習慣によって少しずつダメージを受けています。
そのダメージは睡眠によって回復されますが、睡眠が十分に取れていなければダメージも残ってしまいます。
すると、筋肉の疲労が少しずつ蓄積されることで痛みやこり症状が現れるようになってしまいます。

・精神面への影響
自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2種類の神経が存在し、2つの神経がバランスを保つことで身体の健康を維持できます。
睡眠時には副交感神経が優位になることで身体をリラックスすることができますが、睡眠が不足すれば交感神経が優位になってしまいます。
交感神経が優位になると興奮や緊張状態が続くことになるため、精神的にストレスを感じやすくなってしまいます。
イライラすることや、気持ちの浮き沈みが激しくなるなど精神的に不安定になってしまうこともあります。

なぜ不眠が起こるのか?

不眠が起こる原因として、自律神経に乱れが生じていることが挙げられます。
睡眠時には自律神経の副交感神経が優位になることで身体や脳を休めることができる仕組みになっていますが、自律神経に乱れがあると身体を興奮させる交感神経が優位になってしまいます。
すると、身体や脳が興奮状態になるので睡眠の質が低下してしまい、不眠が生じてしまうのです。
自律神経が乱れる原因は、生活習慣の乱れや精神的なストレスなどが挙げられます。
また、身体のゆがみによって筋緊張が生じれば、自律神経が刺激されるようなこともあります。

眠れない時にはどうすべき?

眠れない時には、自律神経が乱れてしまっている可能性があります。
自律神経を整えることを意識しましょう。
眠れずにお困りの際には、次の方法を試してみてください。

・就寝前のスマホやパソコンの使用をやめる
スマホやパソコンの画面からは、ブルーライトと呼ばれる強い光が出ています。
ブルーライトは脳を興奮させる作用があるため、就寝前に見ることで脳が興奮状態に陥ってしまい、睡眠の質が低下してしまいます。
就寝の1時間前くらいからスマホやパソコンを使用することは止めましょう。

・目を温める
目の奥には多くの神経が通っています。
日常の目の使用により目の奥の筋肉が疲労すれば、血行不良を起こして自律神経を刺激してしまいます。
そのため、目を温めることで筋肉の緊張をほぐして血行を促進すれば、自律神経が整って不眠が緩和されると考えられます。

整骨院の施術で心身をリラックスさせましょう

整骨院の施術では、緊張した全身の筋肉をほぐすことで心身ともにリラックスすることができます。
すると、自律神経の乱れも整うようになるため、不眠の改善に繋がります。
また、身体にゆがみがある場合には、自律神経の乱れの原因になっているゆがみへアプローチすることも可能です。
睡眠のことでお悩みの場合には、当院へご相談ください。

電話受付だけでなくスマホやPCからも手軽に予約が可能です。
ぜひご気軽にご相談下さい。

 


>>睡眠の悩みを抱えている方へ

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


原因の根本を取り除くアプローチをしましょう。
八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP
カウンセリングを通して、
お客様一人一人の悩みに寄り添った施術を心がけています。
TOPへ

 

     2022年03月24日    

         

※個人の感想であり、効果には個人差があります。