スタッフブログ

背中の痛みに悩んでいませんか?

背中に痛みがあることにお悩みの方は多いでしょう。
コロナ禍でリモートワークが増えたことにより、これまで以上に背中の痛みに悩まされている方は急増しています。
背中の痛みがあれば日常生活の中でもつらさを感じ、仕事や家事がはかどらなくなってしまいます。
そこで今回は、背中の痛みの原因や対処法についてご紹介していきます。
背中の痛みに悩まされている方は、是非参考にしてみてください。

背中

 

背中の痛みは病気?それとも慢性痛?

背中に痛みがあると、病気なのか、それとも肩こりや腰痛のような慢性痛なのか不安になるという方も多いでしょう。
背中の痛みの慢性痛の場合は、鈍い痛みであることが多いです。
背中から肩や腰にかけて重さやだるさを感じ、一時的に症状が回復するようなこともあるでしょう。
しかし、病気の場合には「腰椎椎間板ヘルニア」や「変形性脊椎症」などの可能性が考えられます。
この場合、痛みは動くことで増すことが多く、鋭い痛みを伴います。
放っておけば痛みが悪化していくことや、痛みが長期化するという特徴があります。

背中の痛みが起こる原因について

慢性的な背中の痛みの原因には、日常の習慣などが関係していることが多いです。
背中の痛みを改善するには原因から知る必要があります。
慢性的な背中の痛みが生じる代表的な原因には、次のことが挙げられます。

・筋肉の疲労
背中の筋肉へ過度な負担がかかり、負担が積み重なれば筋肉が緊張を起こしてしまいます。
筋肉が緊張すれば硬くなるため、背中の筋肉に張りやこり、重だるさが生じるようになるでしょう。
重い物を持ち上げる動作や、中腰での作業が続くこと、長時間のデスクワークなどで背中には大きな負担がかかります。

・身体のゆがみ
身体は主に骨盤と背中によって支えられています。
しかし、日常的に姿勢が悪いことや、足を組むなどの身体にゆがみが生じるような習慣を行っている場合には、身体がバランスを保とうとして背中に過剰な負担がかかってしまいます。
その結果、背中へ負担が蓄積されていくことで緊張が生じ、こりや痛み症状が現れるようになります。

・背筋の低下
背筋の力がなくなると、背中を上手く支えられなくなります。
すると、姿勢が崩れることで背中に負担がかかりやすくなり、背中の痛みやこりが生じる原因になってしまいます。

背中の痛みの対処法

背中の痛みがある場合には、まずは筋肉の緊張をほぐすことを意識しましょう。
入浴をして身体を温めれば血行が促進され、筋肉がほぐされやすくなります。
その状態でストレッチを行えば、緊張した筋肉がほぐれて痛みの緩和に繋がると考えられます。
また、日頃から背中に負担をかけないように正しい姿勢を維持することや、デスクワークでは休憩を挟んで姿勢を変えるように心掛けることも大切です。
ただし、背中の痛みが強い場合にはヘルニアなどの病気の可能性もあるので、医療機関もしくは整骨院で状態を確認してもらうことをおすすめします。

整骨院では背中の痛みの根本から改善します

背中の痛みの根本の原因には、筋肉の緊張や身体のゆがみがあります。
これらは自力で改善することが難しいですが、整骨院ならば根本から改善して背中の痛みが起こりにくい身体作りを目指すことができます。
手技で緊張した筋肉をほぐすだけではなく、背中や骨盤のゆがみを改善することで背中の痛みへとアプローチしていきます。
くわの森整骨院では患者様一人一人の身体の状態に合った施術を行っていきますので、お気軽に身体の悩みについてご相談ください。

 


>>背中の痛みに悩んでいませんか?

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


身体の不調見て見ぬふりをしていませんか?
原因の根本を取り除くアプローチをしましょう。
八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! >>MAP
カウンセリングを通して、
お客様一人一人の悩みに寄り添った施術を心がけています。

>>TOPへ

     2022年03月16日    

         

※個人の感想であり、効果には個人差があります。