産後の不調は骨盤のゆがみが原因かも?!|八王子市|整骨院

   

産後、体質が変わり腰痛や肩こりが生じやすくなった。
便秘やむくみやすさなど不調が起こりやすくなった。
産前の体型に戻らない。

このような悩みを非常に多く耳にします。
こうした産後の不調は出産による骨盤のゆがみが関係しています。

出産と骨盤のゆがみの関係性

「産後骨盤矯正」という出産後に行う骨盤矯正をよく見かけると思います。
なぜ産後に骨盤矯正が必要なのかというと、出産によって骨盤が大きく変化してしまうからです。
妊娠すると、出産に向けて骨盤が徐々に広がっていきます。
これは、リラキシンというホルモンが分泌されることで骨盤周辺の靭帯が緩まり、赤ちゃんが外に出てこられるように身体が自然と準備することで起こります。
そして、出産後にはオキシトシンというホルモンが分泌されるようになり、緩んだ状態の関節が時間を掛けて元に戻ろうとします。
しかし、元に戻ろうとしている状態の時に子育てや普段の姿勢などが関係し、骨盤がゆがんだままの状態で定着してしまうことがあります。
そうすると、骨盤のゆがみから不調が生じるようになるのです。

産後によく起こる不調の症状とは

産後に骨盤がゆがみを生じることでさまざまな身体の不調が生じます。
代表的な症状としては、肩こりや腰痛などの身体のコリや痛みが挙げられます。
骨盤にゆがみが生じると、筋肉バランスが悪くなることで腰や肩に余分な負荷がかかってしまいます。
しかも、赤ちゃんの抱っこや授乳など子育ては腰に負荷がかかることも多く、腰痛を引き起こしやすくなってしまいます。
また、骨盤の底には子宮や膀胱を支える骨盤底筋群がありますが、産後には骨盤底筋群が緩むことで膀胱や子宮の位置も変わってしまいます。
そのため、産後に便秘や尿漏れなどの不調が起こる方も多くなっています。
産後の不調は体質面だけではなく、体型にも現れることも多いでしょう。
産後も産前の体型になかなか戻らないという悩みや、下腹がぽっこり出てしまっている悩みは非常に多いものです。
こうした悩みも膀胱や子宮の位置が下がってしまっていることや、内臓の位置が下がることで代謝が悪くなってしまっていることなどが関係しています。

産後骨盤矯正で改善できること

産後骨盤矯正とは、出産によって緩みが生じた骨盤を産後に正しい位置へ戻すためにサポートする施術です。
出産すれば緩んだ骨盤は自然と元に戻ろうとするものですが、適切な位置に必ず戻るとは限りません。
むしろ、出産後はこれまでの生活に子育てなどが加わることで身体への負荷の掛かり方にも変化があり、骨盤も負荷がかかることで歪んでしまう恐れがあります。
産後骨盤が元に戻るまでには約6カ月の時間がかかると言われていますが、緩まった骨盤は産後から徐々に硬くなっていきます。
そのため、産後の柔らかい骨盤の間に骨盤を矯正することで、より骨盤を正しい位置に戻しやすいと言えます。
産後すぐは体力的にも消耗している状態ですので骨盤矯正を始めることが出来るわけではありませんが、産後から2カ月ほど経過してから骨盤矯正を始めることが理想的です。

産後は整骨院でケアしましょう

産後は子育てに追われてしまい、なかなか自分のケアまで行き届かないという方も少なくありません。
しかし、そのままケアせずに放っておけば慢性的な腰痛や肩こり、むくみなど不調に悩まされてしまうことになります。
くわの森整骨院では産後の骨盤矯正にも力を入れているので、産後の不調にお悩みの方はお気軽にご相談ください。
産後から時間が経過してしまっている場合でも骨盤矯正は可能です。


>>産後の不調は骨盤のゆがみが原因かも?!~腰の痛みについて詳しくはこちら

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


辛い腰痛にさよなら!仕事をしながらしっかり動ける身体にしましょう。
八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP
通院しやすいくわの森整骨院で身体のケアをしませんか?

TOPへ

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

外反母趾は整骨院で相談できます!|八王子くわの森整骨院

   

外反母趾は足の親指のつけ根が内側にでっぱり、つま先が人差し指側に曲がってしまう病気です。
症状が軽い場合の初期治療は整骨院で行え、その人に合ったアプローチが必要です。
外反母趾にお悩みの方は「八王子くわの森整骨院」へご気軽にご相談下さい。

  • 長時間歩くと足が痛くなる
  • 足とクツが擦れて炎症を起こしやすい
  • 足の親指のつけ根が変形し見た目が悪い

上記のような症状にお悩みの方は外反母趾を疑ってみましょう。

外反母趾は足の親指のつけ根が内側にでっぱり、つま先が人差し指側に曲がってしまった状態のことです。

正常な方は足の親指のつま先から第二関節、くるぶしまでが真っ直ぐですが、外反母趾の方は親指のつけ根のあたりで「くの字」に変形して見えます。
外反母趾は足の親指が人差し指側へ変形することで起こり、必ずしも足のつけ根の骨が大きく飛び出すとは限りません。

外反母趾は見た目が悪くなってしまうだけでなく、痛みやしびれといった症状を伴うのが特徴です。
外反母趾になってしまうと足の親指で踏ん張る力が弱くなってしまい、タコができて痛みを引き起こします。
変形した骨の圧迫による神経痛や、滑液包炎という炎症の原因となることも。
また、足の痛みをかばった歩き方をすることで腰や肩、骨格にまで変調を来す場合もあります。

外反母趾は高いハイヒールや足先が細くなったクツを履き、関節が柔らかく変形しやすい女性に多いとされてきました。
しかし、近年は男性や子どもであっても歩き方や足の筋力、クツの選び方に問題があり、外反母趾になってしまう方が増えています。

まずは、ご自分が外反母趾でないか以下の5つのチェックポイントを確認してみましょう。

 

  1. クツで足の親指の付け根が痛い
  2. クツを脱ぐと足の親指や小指のつけ根が赤い
  3. 親指が人差し指側に曲がっている
  4. 親指が第二指の下にもぐり込んで重なっている
  5. 足の裏、指の付け根あたりにタコができる

1つでも当てはまるものがあれば外反母趾が疑われますので要注意です。
より詳しく変形の程度を知りたい方は整形外科を受診し、レントゲン検査をしてもらうと良いでしょう。
外反母趾を放置すると悪化してしまいます。
早期発見・早期治療していきましょう。

骨の変形が重症化した外反母趾は手術が必要であり、整形外科を受診しなければなりません。
ですが、症状が軽い場合の初期治療は整骨院で行えます。
整骨院での治療は手技療法による足関節の矯正やテーピングによる固定です。
手技療法では筋肉や骨を指圧により整え、痛む部位を中心に加療していきます。
テーピングは圧迫によって骨を正しい位置に整え、負担を軽減する処置です。
これらの治療は即効性があり、痛みや発赤といった症状の改善が期待できます。

また、外反母趾の症状は治療により改善が期待できますが、原因の根本を取り除かないと再発し、より重症化してしまいかねません。
外反母趾の根本的な原因は歩き方や生活習慣、クツの選び方などです。
整骨院での治療は症状を取り除くだけでなく、原因の根本の改善を目指した指導も行います。

外反母趾は根本的な原因が改善されると、痛みや見た目の悪さが消失するだけでなく、長時間歩いても痛みや疲れが出にくくなりますよ。
痛みの原因や骨の変形の程度は人によって異なり、その人に合ったアプローチが必要です。
当院ではカウンセリングを通して、お客様一人一人の悩みに寄り添った施術をご提供させていただきます。
電話受付だけでなくスマホやPCからも手軽に予約が可能です。
ぜひご気軽にご相談下さい。


>>「外反母趾は整骨院で相談できます!」ほかためになるブログが沢山!

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


外反母趾の痛みを改善が期待するだけでなく、
原因の根本を取り除くアプローチをしましょう。
八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP
カウンセリングを通して、
お客様一人一人の悩みに寄り添った施術を心がけています。
TOPへ

 

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

手首の痛みは捻挫?それとも腱鞘炎?|八王子市|整骨院

   

手首に腫れや痛みがある場合、「捻挫」もしくは「腱鞘炎」の可能性が挙げられ、知識がなければ判別することが難しいです。
手首は日常生活でも頻繁に使う部位なので、きちんと痛みの原因を把握し、少しでも早く改善できるように適切に対処しましょう。

捻挫とは

捻挫とは、外からの強い外力が加わることで靭帯が損傷してしまうケガです。
転倒や衝突によって生じることが多く、スポーツだけではなく日常生活の中でも不注意による転倒や落下などでも生じます。
靭帯が損傷することで炎症が起こっている状態なので、腫れや痛みが症状として現れます。
ケガした直後には痛みが現れないこともあり、すぐには捻挫をしたと気付かないようなケースもあります。
また、痛みが強い場合には靭帯が切れてしまっている可能性も考えられます。
靭帯が切れてしまうと関節の状態は不安定になります。

腱鞘炎とは

腱鞘炎とは、腱や腱の周辺が炎症を起こし、指や手首に痛みが生じます。
腱鞘炎が起こる原因はいくつか考えられますが、最も多い原因は「手首や指の使いすぎ」です。
スマホやパソコンなど手首や指を使う動作が多いことで、炎症を起こしてしまいます。
また、加齢により腱が老化することや、更年期には女性ホルモンの分泌が減少することも腱鞘炎を引き起こす原因に挙げられます。
そのため、更年期の女性に腱鞘炎が起こりやすいと言われています。
その他にも、産後に起こる腱鞘炎もあります。
出産により女性ホルモンの分泌に変化が起こっていることや、赤ちゃんを抱っこすることで手首に負担がかかることが関係し、とくに初産の方に多く腱鞘炎がみられます。

捻挫と腱鞘炎の違い

捻挫は靭帯が損傷している状態ですが、腱鞘炎は腱や腱の周辺が炎症を起こしている状態です。
しかし、どちらも痛みや腫れが症状として現れるため、症状だけでは区別することが難しいケースもあるでしょう。
また、捻挫と腱鞘炎では損傷の原因が異なりますが、どちらも損傷時から時間が経過してから痛みが現れることもあるため、原因を明確にできないこともあります。
いずれにしても、どちらも放っておけば症状が悪化してしまう恐れがあるため、早期対処することが大切です。

捻挫と腱鞘炎の対処法

捻挫や腱鞘炎は放っておいても自然治癒が期待できるケガですが、適切に対処することで早期改善や症状の悪化を予防することができます。
捻挫や腱鞘炎の受傷直後は炎症が強い状態のため、炎症が広がらないように受傷箇所を固定して動かさないようにしましょう。
受傷箇所が熱っぽく、痛みが強い場合には冷やしてください。
また、症状が改善していない状態で動かしてしまうと、再発する恐れもあります。
痛みが緩和するまではテーピングなどで固定し、痛みが和らいでから少しずつ無理のない程度に動かしていきましょう。

捻挫や腱鞘炎も整骨院で施術を受けられます

捻挫や腱鞘炎を早く改善したいという方や、捻挫や腱鞘炎を繰り返し起こしているので予防したいという方など、捻挫や腱鞘炎にお悩みの場合には整骨院へご相談ください。
受傷直後には包帯やテーピングなどを用いて固定法と呼ばれる処置を行います。
そして、受傷箇所を固定したままでは関節が硬くなってしまうため、早期改善のために手技や物理療法を用いて改善のためのサポートを行います。
くわの森整骨院では患者様の受傷状態だけではなく、体全体の状態も確認しながら適切な施術を提案致します。


>>「手首の痛みは捻挫?それとも腱鞘炎?」ほかためになるブログが沢山

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


なかなか良くならない手首の痛み。
どうせ痛いんだからとそのままにしていませんか?

八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! >>MAP
痛みの原因を明らかにし「再発させないように」しませんか?
>>TOPへ

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

バレー・リュー症候群について|八王子市|交通事故治療

   

交通事故治療のご相談は八王子くわの森整骨院にお問い合わせ下さい。
バレー・リュー症候群型は自律神経症状が現れます。病院で検査しても異常が見つからず、自律神経失調症と診断されることもあり、名医のいる病院を見つけることはなかなか困難です。早期回復のアプローチは整骨院にご相談ください。

交通事故により、首の筋肉などの痛みであれば整形外科で処方される湿布やコルセットで負担を軽減する治療で徐々に回復もしますが、むち打ち症で神経症状が出現すると症状経過まで長引いてしまうことが多々あります。筋肉の痛み以外に他の症状が現れた場合は、バレ・リュー症候群の可能性もあります。

バレー・リュー症候群とは

早期完治を考える患者さんにとって症状が改善しないのは非常にきついことですが、病院でのレントゲンやMRIの検査でむち打ちの症状を発見できることはほとんどありません。患者の自覚症状で判断することが多いため、むち打ち症の種類によっては後遺症のリスクも高くなります。

交通事故後、むち打ち症は2~4週間ほど経過してから現れることも多く。また、頚椎捻挫であれば、2ヶ月~6ヶ月で治癒するとも言われてます。しかし、病院へ通院・治療をしても症状に改善があらわれない時は、バレ・ーリュー症候群型の可能性も考慮に入れたほうがいいかもしれません。

バレー・リュー(バレ・ルー)症候群型は、むち打ちの症状の一つです。そのため、頭痛やめまい、といった、むち打ちと同じ症状も出ます。自律神経や交感神経の損傷により、頭痛・めまい・吐き気・耳鳴り・聴覚、視覚障害に加え、疲労が溜まりやすくなり、不眠などを併発し、うつ病にまで発展する可能性がある厄介な症状でもあります。

バレー・リュー症候群の治療方法

「バレー・リュー症候群の可能性があるんですが、何科に通院すればいいんですか?」このような質問を受けますが、まずは整形外科などで身体の症状を、病院でしっかり見極めてもらう事が大切です。

バレー・リュー症候群と診断されたら、麻酔科などに通院することになり星状神経節ブロック・硬膜外ブロックといった治療を取り入れ、完治を目指します。これらの治療法は、交感神経の働きを一時的に抑制しすることで、自然治癒力による交感神経と副交感神経のバランスを整え、身体の回復を目指すものです。
しかし、症状が酷い場合には、外科手術も必要になることもあると言われています。

早期回復を望むのであれば、整骨院等でむち打ち症を含む症状の改善策を施してあげることも重要です。骨盤矯正などといった施術のアプローチで自然治癒力を高め、身体のゆがみを取り除き、腰や首に負担のかからないよう身体の根本からの改善を目指します。

最後に

交通事故後に保険会社との慰謝料のやり取りの連絡や対応により、心身ともに疲れてしまい、身体の症状が改善せず悪くなるケースもあります。ストレスは症状を悪化させる厄介な物でもあります。むち打ち症だけの痛みだけでなく、ストレスや不快感で困っている方は、当院にて保険会社とのやり取りを含め、身体に集中して回復に向けた施術を受けていただき、安心できる日常を一日でも早く取り戻すため、精一杯サポートさせていただきます。

バレー・リュー症候群について~詳しくはこちら

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剱持真克登監修


交通事故の治療事例多数!夜19:30まで受付 
交通事故治療は八王子くわの森整骨院にお任せ下さい!
https://heavyduty-development.com


         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

加齢や運動不足で起こるケガの予防方法|八王子市|整骨院

   

高齢になると日常生活のケガが増えやすくなります。
つまずいて転倒、ベッドから転落、運動不足解消のためと始めた運動でかえってケガをする中高年の方も少なくありません。
加齢や運動不足から起こるケガは、日常生活の見直しで予防できる可能性があります。

なぜケガの予防が大切なのか

ケガをすれば日常生活で不便になることが増えるだけではなく、年齢と共にケガの治りが遅くなります。
しかも、きちんとケガが改善していないにも関わらず動かしてしまうことで、ケガによる痛みなどが再発する恐れもあります。
また、ケガをすれば、ケガした部分に負担がかからないように庇うような動作をすることになります。
そうすると、他の身体の部位に余分な負担がかかることで、その負担がかかっている部分の筋肉や関節に痛みが生じてしまう可能性があります。
そのため、ケガ以外の部分への影響やケガの再発などを予防するためにもケガ自体をしないようにすることが大切だと言えます。

予防法①:ストレッチを習慣的に行う

加齢や運動不足によるケガを予防するには、ストレッチを習慣的に行うことが有効な予防法であると言えます。
加齢や運動不足により動かなくなれば、筋肉や関節、靭帯などの組織は硬くなってしまいます。
そうすると、急な動きに筋肉や関節が対応できず、結果的に転倒や衝突することで負傷してしまうのです。
日常的にストレッチを行い、筋肉や関節の柔軟性を高めていれば、急な動きにも対応することができるようになります。
また、筋肉や関節の柔軟性が高まれば負荷が蓄積されにくくなるため、腰痛や肩こりなどの痛みの改善・予防にも繋がります。

予防法②:適度な運動をする

適度な運動をして筋肉をつけることはケガの予防に繋がります。
筋力があればバランスを崩しそうになっても筋肉で持ち堪えることができ、転倒や衝突を防ぐことができます。
とくにインナーマッスルは身体を支える筋肉になるので、意識して鍛えるようにしましょう。
筋トレが難しいような場合には、ウォーキングやジョギングなどの適度な運動がおすすめです。

予防法③:悪姿勢を正す

姿勢の悪さが習慣になっていると、身体にゆがみが生じます。
身体がゆがむと筋肉バランスが崩れるため、部分的に負荷がかかりやすくなります。
そこに普段の動作の繰り返しで骨や関節、筋肉に負担がかかれば、痛みが生じるようになり、ケガへと発展します。
日頃から姿勢を正すように心掛けていれば部分的に負荷がかかることを予防でき、筋肉をバランスよく使えるようになるでしょう。
そうすれば、動作の繰り返しでも負傷を起こしにくくなると考えられます。

整骨院でケガの原因の根本から改善しましょう

整骨院では、加齢や運動不足により硬くなってしまった筋肉や関節をほぐすことができ、自力では動かしにくい部分などにもアプローチすることができます。
また、根本の原因となっている身体のゆがみを矯正施術によって整え、ケガを起こしにくい身体作りをサポートします。
くわの森整骨院の施術はボキボキと無理に動かすような施術方法ではなく、患者様の身体への負担を考えながら優しく施術を行います。
最近ケガが増えてきた、身体が硬くなってきたなどお悩みの方はお気軽にご相談ください。


加齢や運動不足で起こるケガの予防方法

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


患者様の身体への負担を考慮し、不調の改善をします。
八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP
痛みを取り去り「再発させないように」しませんか?
TOPへ

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

1 2