スタッフブログ

むち打ちが後からやってくる理由とは?|八王子市|整骨院

むち打ちがあとからやってくる理由とは?
むち打ちは、交通事故による怪我の中でも最もメジャーなものとされています。しかし、その一方で、初期に自覚症状が薄くあとから痛みを感じるケースが多いです。その理由をご紹介します。
■そもそもむち打ちとは?
むち打ちとは、頚椎、つまり首の部分が捻挫を起こすことを指します。捻挫とは、関節を支える靱帯や関節包と呼ばれる箇所がダメージを負った状態です。これにより、肩や首に重さやだるさを感じたり、頭痛を引き起こしたりします。場合によっては、自律神経の損傷や脊髄の根元である神経根にダメージが及ぶ場合もあり、決してあなどれません。いずれにせよ、専門機関や整骨院による治療・施術が必要です。
■むち打ちの痛みは遅れてやってくる
冒頭でもお話ししたとおり、むち打ちの症状は交通事故からしばらく経った後に起こることが珍しくありません。事故直後には痛みがなく、数日から1週間後、場合によっては1ヶ月経ったあとに違和感を覚えることがあるのです。そこには、交通事故のむち打ち双方の性質が起因しています。
■むち打ちの痛みが遅れる理由は交通事故による心理状態
むち打ちの痛みが遅れる理由は、事故直後の心身の状態にあります。事故直後はアドレナリンが分泌し興奮状態になるともともに、体が緊急事態モードに入ります。事故というエマージェンシに対して痛みを邪魔な感覚だとシャットダウンし、どのような状況でも動けるように準備するのです。このメカニズムから事故直後は痛みをあまり感じなくなります。そして、さまざまな手続きや対処が終わり、心身が落ち着いた頃にようやく痛みを覚えることになるのです。
■表面的な症状が出にくいのも要因の1つ
アドレナリンが働いて痛みを感じにくくなっているのは、事故ならばどのような怪我でも同じです。その中でもむち打ちの自覚症状が薄いのには、傷や骨折とは異なり表面的な症状が出にくい点が大きな要因として挙げられるでしょう。自覚症状が軽微な場合、「これくらいの痛みはつきものだよね」と無視してしまうケースもあります。結果、むち打ちの判明が遅れてしまうのです。
■むち打ちの症状
むち打ちの症状は痛みだけではありません。さまざまな神経が集まる首にダメージを負っているのですから、多種多様な症状を引き起こします。次のような感覚や症状を覚えたらむち打ちになっているかもしれません。
・手足がしびれる
・発熱がある
・目がかすむ、視力が落ちる
・吐き気、胸焼けがする
むち打ちの痛みや違和感は、首だけでなく背中や手足に及ぶことがあります。ただの打ち身だと思っていたら実はむち打ちだったという可能性もあるのです。
■むち打ちが後からやってきた場合の対処法
交通事故から時間が経って自覚症状が表われたら、早急に医師の診察を受けてください。まずは整形外科が良いでしょう。時間が経っているだけに症状が重くなっている可能性もあります。「本当に交通事故が原因かな?」「いまさら受診するのも格好がつかない」「当時の状況をよく覚えてない」と躊躇すると、さらなる重大な疾患の原因にもなりかねません。不安を感じたらまず受診することが大切です。
■まとめ
むち打ちをはじめとした交通事故の怪我は、治療が遅くなると重大な疾患につながる恐れがあります。また、怪我と事故との因果関係が証明しづらくなるため、慰謝料なども受け取れなくなる可能性があるのです。これらの問題を未然に防ぐためにも、何はともあれ真っ先に専門家の判断を仰ぐようにしましょう。
柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修
——————————————————————————-
連休多数 社会保険制度充実!
八王子で柔道整復師をめざすならくわの森整骨院!

top


——————————————————————————-

     2019年08月13日    

         

※個人の感想であり、効果には個人差があります。