スタッフブログ

産後の不調は骨盤のゆがみが原因かも?!|八王子市|整骨院

産後、体質が変わり腰痛や肩こりが生じやすくなった。
便秘やむくみやすさなど不調が起こりやすくなった。
産前の体型に戻らない。

このような悩みを非常に多く耳にします。
こうした産後の不調は出産による骨盤のゆがみが関係しています。

産後の不調は骨盤のゆがみが原因かも?!

出産と骨盤のゆがみの関係性

「産後骨盤矯正」という出産後に行う骨盤矯正をよく見かけると思います。
なぜ産後に骨盤矯正が必要なのかというと、出産によって骨盤が大きく変化してしまうからです。
妊娠すると、出産に向けて骨盤が徐々に広がっていきます。
これは、リラキシンというホルモンが分泌されることで骨盤周辺の靭帯が緩まり、赤ちゃんが外に出てこられるように身体が自然と準備することで起こります。
そして、出産後にはオキシトシンというホルモンが分泌されるようになり、緩んだ状態の関節が時間を掛けて元に戻ろうとします。
しかし、元に戻ろうとしている状態の時に子育てや普段の姿勢などが関係し、骨盤がゆがんだままの状態で定着してしまうことがあります。
そうすると、骨盤のゆがみから不調が生じるようになるのです。

産後によく起こる不調の症状とは

産後に骨盤がゆがみを生じることでさまざまな身体の不調が生じます。
代表的な症状としては、肩こりや腰痛などの身体のコリや痛みが挙げられます。
骨盤にゆがみが生じると、筋肉バランスが悪くなることで腰や肩に余分な負荷がかかってしまいます。
しかも、赤ちゃんの抱っこや授乳など子育ては腰に負荷がかかることも多く、腰痛を引き起こしやすくなってしまいます。
また、骨盤の底には子宮や膀胱を支える骨盤底筋群がありますが、産後には骨盤底筋群が緩むことで膀胱や子宮の位置も変わってしまいます。
そのため、産後に便秘や尿漏れなどの不調が起こる方も多くなっています。
産後の不調は体質面だけではなく、体型にも現れることも多いでしょう。
産後も産前の体型になかなか戻らないという悩みや、下腹がぽっこり出てしまっている悩みは非常に多いものです。
こうした悩みも膀胱や子宮の位置が下がってしまっていることや、内臓の位置が下がることで代謝が悪くなってしまっていることなどが関係しています。

産後骨盤矯正で改善できること

産後骨盤矯正とは、出産によって緩みが生じた骨盤を産後に正しい位置へ戻すためにサポートする施術です。
出産すれば緩んだ骨盤は自然と元に戻ろうとするものですが、適切な位置に必ず戻るとは限りません。
むしろ、出産後はこれまでの生活に子育てなどが加わることで身体への負荷の掛かり方にも変化があり、骨盤も負荷がかかることで歪んでしまう恐れがあります。
産後骨盤が元に戻るまでには約6カ月の時間がかかると言われていますが、緩まった骨盤は産後から徐々に硬くなっていきます。
そのため、産後の柔らかい骨盤の間に骨盤を矯正することで、より骨盤を正しい位置に戻しやすいと言えます。
産後すぐは体力的にも消耗している状態ですので骨盤矯正を始めることが出来るわけではありませんが、産後から2カ月ほど経過してから骨盤矯正を始めることが理想的です。

産後は整骨院でケアしましょう

産後は子育てに追われてしまい、なかなか自分のケアまで行き届かないという方も少なくありません。
しかし、そのままケアせずに放っておけば慢性的な腰痛や肩こり、むくみなど不調に悩まされてしまうことになります。
くわの森整骨院では産後の骨盤矯正にも力を入れているので、産後の不調にお悩みの方はお気軽にご相談ください。
産後から時間が経過してしまっている場合でも骨盤矯正は可能です。


>>産後の不調は骨盤のゆがみが原因かも?!~腰の痛みについて詳しくはこちら

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


辛い腰痛にさよなら!仕事をしながらしっかり動ける身体にしましょう。
八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP
通院しやすいくわの森整骨院で身体のケアをしませんか?

TOPへ

     2021年06月18日    

         

※個人の感想であり、効果には個人差があります。