スタッフブログ

スポーツが原因の腰痛は?症状と改善方法

こんにちは。
八王子くわの森整骨院です。
スポーツからくる腰痛も当院にお任せください。

みなさんはどのようなきっかけで腰の痛みや違和感を感じるようになりましたか?

腰痛は「二足歩行を始めた人間の宿命」ともいわれるくらい、誰にでも起こり得る身体のトラブルの一つです。その原因はさまざまですが、スポーツが原因となり腰痛が起こる場合もあります。

そこで今回はスポーツが原因で起こる腰痛の種類や症状、その改善方法についてご説明します。

腰痛を起こす可能性のあるスポーツ

スポーツをすることで必ず腰痛が起こるとは断言できませんが、実際に競技スポーツ経験が長くなればなるほど腰痛を起こすケースが増えます。

特に、腰を「ひねる」動作や腰を「曲げる・反らす」動作を伴うスポーツに腰痛が多くみられる傾向にあります。

また、腰に「圧力がかかる」ようなスポーツでも腰痛を引き起こす可能性が高くなります。

腰を「ひねる」スポーツ

野球やゴルフ、テニスなどは、腰の回旋動作を伴うスポーツです。腰は構造的に回旋の可動域が乏しいので腰の回旋動作を繰り返すことによって腰を構成する関節や腰周辺の靱帯、筋肉、などに過剰な負荷がかかり腰痛を引き起こす可能性があります。

腰を「曲げる・反らす」スポーツ

バレーボールや水泳、体操やバレエなどは、腰を曲げたり、反らしたりする動作を繰り返すことが多いスポーツです。腰を過剰に曲げたり、反らしたりする動作を繰り返すと腰を構成する関節や腰周辺の靱帯、筋肉などに負荷がかかり腰痛を引き起こす可能性があります。

腰に「圧力がかかる」スポーツ

ラグビーやアメリカンフットボールなどは、対戦相手と接触したり押し合ったりする動作の多いスポーツです。ラグビーのタックルなどのように対戦相手との接触や押し合ったりする動作が多く繰り返されることで、腰を構成する関節や腰周辺の靱帯、筋肉などに大きな圧力がかかり腰痛を引き起こす可能性があります。

スポーツが原因で起こる腰痛の種類・症状

ひと口に「腰痛」といっても、その症状や痛みは異なります。
また、それぞれの「スポーツに特有」というべき腰痛もあるため、それぞれのスポーツが原因で起こる腰痛の種類や症状についてご説明します。

腰の構造と腰痛が起こるメカニズム

スポーツと腰痛の関係を考える上で腰の構造と腰痛が起こるメカニズムについて理解を深めることは非常に大切です。そこで、まずは腰の構造と腰痛が起こるメカニズムについてご説明します。

私たちが「腰」と呼んでいるのは「背骨(脊柱)」の一部である「腰椎」のことですが、脊柱は「椎骨」と呼ばれる骨が積み木のように縦に連なってできています。

その脊柱の最下部に相当する部分が腰椎で、腰椎は5つの椎骨で構成されています。
それぞれの椎骨の間にはクッションの役割を担っている椎間板と、椎骨と椎骨を連結する役割を担っている椎間関節という組織があります。

そして、椎間板は脊柱を横から見たときに前方(おなか側)に位置しており、椎間関節は後方(背中側)に位置しているため、腰を曲げる動作や前屈姿勢は椎間板に負担をかけ、腰を反らす動作や後屈姿勢は椎間関節に負担をかけます。

したがって、このような動作や姿勢を過剰に繰り返したりすると椎間板や椎間関節が損傷し腰痛が引き起こされるのです。

また、腰椎は回旋可動域が乏しいので回旋動作を過剰に繰り返したりすると椎間板や椎間関節に負担をかけることになり腰痛が引き起こされます。

スポーツが原因で起こる腰痛の種類・症状

筋・筋膜性腰痛(きん・きんまくせいようつう)

野球やゴルフなどのスポーツで腰の回旋動作を過剰に繰り返したり、バレーボールや水泳、体操などのスポーツで腰の曲げ伸ばしを過剰に繰り返すことで、腰椎周辺の筋肉やそれらの筋肉の周りにある筋膜が損傷、炎症を起こし腰痛を引き起こす可能性があります。

このような腰痛は「筋・筋膜性腰痛」と呼ばれます。筋・筋膜性腰痛は椎間板や椎間関節の損傷は見られずレントゲンでの診断では見つからない場合もあるため注意が必要です。

椎間関節性腰痛(ついかんかんせつせいようつう)

野球やゴルフなどのスポーツで腰の回旋動作を過剰に繰り返したり、バレーボールや水泳、体操などのスポーツで腰を反らす動作を過剰に繰り返すと椎間関節に大きな負担がかかり腰痛を引き起こすことがあります。

このような腰痛は「椎間関節性腰痛」と呼ばれます。水泳は水中運動ということで腰に優しいイメージがありますが、平泳ぎやバタフライの泳法は腰を反らす動作が多いため注意が必要です。

腰椎椎間板性腰痛(ようついついかんばんせいようつう)

腰を曲げる動作を過剰に繰り返すバレーボールや体操などのスポーツや、ラグビーやアメリカンフットボールなどのスポーツで腰椎に過剰な圧力が加わると椎間板の一部が損傷し腰痛を引き起こすことがあります。

このような腰痛は「腰椎椎間板性腰痛」と呼ばれます。
野球の野手(特に外野手)やバレーボールでは前屈した姿勢で構えることが多いため椎間板に負担をかける可能性が高く注意が必要です。

腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)

バレーボールや体操などのスポーツで腰を曲げる動作を過剰に繰り返したり、ラグビーやアメリカンフットボールなどのスポーツで腰椎に過剰な圧力が加わったりなど、腰椎椎間板性腰痛がさらに悪化すると、椎間板に亀裂が入り椎間板の中の組織が外側に飛び出し腰椎周囲の神経を圧迫し痛みやしびれを引き起こすことがあります。

このような症状は「腰椎椎間板ヘルニア」と呼ばれます。

腰椎分離症(ようついぶんりしょう)

バレーボールや水泳、体操などのスポーツで腰を反る動作を過剰に繰り返すと腰椎が疲労骨折を起こし腰椎の後方部分が分離してしまい痛みを引き起こすことがあります。

このような症状は「腰椎分離症」と呼ばれます。
腰椎分離症は腰椎の疲労骨折が原因になる場合が多いため、特に骨の形成が十分ではない成長期に起こしやすく、腰椎分離症を放置してしまうと、さらに進行し腰椎すべり症(ようついすべりしょう)を引き起こして脚のしびれが出るなど極めて重症な後遺症を伴う場合があります。

スポーツが原因で起こる腰痛の改善方法

スポーツが原因で起こる腰痛に限らず腰痛の基本的な改善方法は4つあります。

  1. 安静および冷却(アイシング)
  2. ストレッチやマッサージなどの施術および状況に応じて温熱療法
  3. 筋力トレーニングによる腰椎周辺の筋肉や体幹部の筋肉の筋力強化
  4. 腰椎に隣接する骨盤や股関節のコンディション調整を含めた根本的改善

特にスポーツが原因で起こる腰痛に関してはスポーツ動作によって腰痛が再発しないように、4番目の骨盤や股関節のコンディション調整を含めた根本的改善が極めて重要になります。

具体的な改善方法は腰痛の種類や症状などによって異なる場合があるため、スポーツが原因で起こる腰痛の種類別にその改善方法についてご説明します。

筋・筋膜性腰痛の改善方法

筋・筋膜性腰痛の改善には、発症直後の段階で安静とアイシングに努めることが何より大切です。
まずは痛みが出ている部分(損傷部位)をしっかり休ませるとともに氷で冷やし、炎症を鎮めることが重要になるのです。

その後、ある程度の状態まで痛みが緩和してきたら過剰に働いてしまって痛みを引き起こす原因となった筋肉を軽めのストレッチやマッサージなどの施術で緩めていきます。

同時に、この段階では損傷部位を温めることで血流を促し、損傷部位の修復をサポートすることも重要になります。

また、損傷を起こしている筋肉は筋力が低下している可能性があるため、炎症が鎮まり痛みが治まった段階では、それらの筋肉の筋力トレーニングを行うことが大切です。

椎間関節性腰痛の改善方法

椎間関節性腰痛の改善方法は、筋・筋膜性腰痛の改善方法と同様に発症直後には安静、冷却に努めることが大切です。しかし、椎間関節性腰痛は安静にすることで症状が緩和することが多いため、椎間関節に過剰な負担をかけないようにするためにコルセットの装着による装具療法が用いられる場合もあります。

痛みを感じている部位の周辺にある筋肉は硬くなっている可能性があります。それに伴い筋力が低下していることがありますので、装具療法や安静で痛みが緩和したらストレッチやマッサージなどの施術、および筋力トレーニングを行うことが重要です。

また、椎間関節性腰痛は普段の姿勢や動きによって椎間関節に負担がかかっている場合も多いため、腰椎だけに着目するのではなく、骨盤や股関節などのコンディションを整えることも大切になります。

腰椎椎間板性腰痛の改善方法

腰椎椎間板腰痛は、安静により症状が改善していくことが多いため、まずは発生直後に安静に努めることが何より重要です。

腰椎椎間板性腰痛は椎間板に過剰な負担がかかることによって生じるため、痛みが治まった段階で椎間板に過度な負担がかからないよう腰椎周辺の筋肉、体幹部の筋肉の筋力強化に努める必要があります。

また、姿勢やスポーツ動作(フォーム)が影響し椎間板に負担をかけている場合もあり、姿勢の改善やフォームの改善を行うことも重要です。

さらに、股関節周囲の筋肉が硬くなると骨盤の位置が乱れ(骨盤前傾過多・骨盤後傾過多)腰椎の椎間板に負担をかける場合があるため、股関節周囲の筋肉に対するストレッチや骨盤のコンディションを整えるための施術も重要になります。

腰椎椎間板性腰痛を放置すると腰椎椎間板ヘルニアに移行する場合もあるため早期改善が大切です。

腰椎椎間板ヘルニアの改善方法

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板の中の組織が外側に飛び出すことによって生じる痛みであり、症状の程度によっては手術が推奨される場合もありますが、飛び出した組織は正しい姿勢を保ち椎間板に過剰な圧力がかからないように安静にしていると元に戻ろうとすることも少なくありません。

したがって、まずは安静にすることが何より重要です。
腰椎椎間板ヘルニアは腰椎椎間板性腰痛と同様に腰椎周辺の筋肉や体幹部の筋肉の筋力低下により椎間板に負荷がかかり発生するケースも多いため、腰椎周辺の筋肉、体幹部の筋肉の筋力トレーニングが不可欠になります。

また、腰椎椎間板性腰痛と同様に骨盤の状態が原因で腰椎椎間板ヘルニアを起こすことも多いため、骨盤のコンディションを整えるための施術が重要になる場合もあります。

腰椎分離症の改善方法

腰椎分離症は腰椎の疲労骨折が原因で腰椎が分離することによって引き起こされるため、発生初期段階でコルセットを装着し腰椎を癒合(ゆごう)させることが重要です。

分離した腰椎が、そのまま新たな関節のような状態(偽関節)になってしまうとコルセットを装着し安静を保っても腰椎の癒合が望めず完治が不可能になってしまうこともあるため早期発見、早期改善が極めて大切です。

早期段階でコルセットによる固定ならびに安静を保つことができれば完全な治癒が望める可能性が高まります。

コルセットによる固定療法の後、骨の癒合が確認出来れば、コルセット固定によって硬くなってしまった腰椎周辺の筋肉の柔軟性を回復させるためにストレッチやマッサージなどの施術を行う必要があります。

同時に、コルセット固定によって筋力低下がみられる腰椎周辺の筋肉、体幹部の筋肉の筋力トレーニングを行うことが重要になります。

スポーツが原因で起こる腰痛も八王子くわの森整骨院へ

今回はスポーツが原因の腰痛についてご紹介しました。大人から子どもまで、スポーツがきっかけで腰痛になる方は多くいらっしゃいます。

八王子くわの森整骨院では、腰痛が起こった原因をしっかり把握した上で根本的な改善を目指していきます。当院にご来院の際は、スポーツの種類やどのようなポジション、動作、練習などを行っているかについても詳しくお話ください。お客様と一緒に問題点を把握して、同じゴールを目指すことを大切にしております。

平日夜は19:30まで受付、土曜日の午前中も営業しておりますので、お忙しい方や八王子周辺の学生さんなら部活帰りにも通うことができます。八王子駅からすぐの立地ですのでどなたでも通いやすいです。

スポーツが原因の腰痛にお悩みの方はぜひ八王子くわの森整骨院までお気軽にご来院・お問い合わせください。スタッフ一同、心をこめて施術させていただきます。

     2022年03月28日    

         

※個人の感想であり、効果には個人差があります。