スタッフブログ

交通事故の後遺症を防ぐ治療と通院期間|八王子市|整骨院

交通事故後の治療とは、交通事故が原因となる痛みやその症状
(むち打ち症・腰痛・手足のしびれや痛み・精神的不快感)等の治療を指します。八王子くわの森整骨院では、交通事故が原因の症状や後遺症を防ぐ治療やお悩みのポートさせていただきます。

交通事故症状は、打撲や捻挫、むち打ち症だけでなく、骨折・打撲といった損傷を
身体に負うこともあります。このような症状は完治しなければ、後遺症になることもあります。
整骨院で受けることができる交通事故による後遺症治療や通院期間についてご説明します。
むちうち症の治療と通院期間
整形外科といった病院などでは、むちうち症への処置が頚椎カラーの固定、
痛み止め薬や湿布だけを処方され、根本治療に繋がらない場合もありますので
注意が必要となります。
そのため、病院だけの治療では完治しない痛みでお悩みの方は、別のアプローチを考えましょう。
整骨院(接骨院)でのむちうち症の治療方法は手技治療での治療となり、
筋肉のバランスを整え、神経を圧迫している部分を緩和します。
患部である頸椎だけでなく、全身の骨格や骨盤のゆがみを矯正し、
自然治癒力を高め回復力を強める方法などがあります。
また、治療器具による電気治療や温熱療法が行われることもあります。
むちうち症の通院期間は患者個人の症状の現れ方によって大きく異なってきます。軽症であれば、
1か月から3ヶ月以内で治療が終了するケースが多いのですが
重症の場合は半年以上かかってしまう場合も珍しくありません。
むちうちの治療と通院期間について
むち打ちの治療は、急性期(受傷当時の痛みの強い状態)は患部を固定・冷却する処置が必要となります。
そして全身の調整や干渉波治療を用いて患部の血流を促進し、
組織の回復力を促進します。
捻挫の場合は必要に応じてリハビリが必要となります。打撲の場合、
おおよそ1~2週間程度で歩いたり動かしたり可能となります。軽度・中度の捻挫であれば、
1か月から3ヶ月の通院期間となります。痛みで患部を動かすことが出来ない
ような重度の捻挫であれば、3ヶ月以上の治療が必要となります。
挫傷の治療と通院期間
挫傷の治療は、打撲や同じく患部を固定・冷却・圧迫した後、高挙の処置を施し、
炎症を抑え、症状が緩和したら、局部への温熱療法やマッサージを取り入れます。
また、ストレッチなどで徐々に患部を動かし可動域を広げ、筋組織を痛めないよう
リハビリを取り入れます。
整骨院での交通事故治療は、筋肉硬直の症状や、肉離れ以外の筋挫傷であっても、
1週間以内で治るケースが多いですが、筋挫傷(肉離れ)の場合は、損傷のレベルや患部の部位にもよりますが、3ヶ月前後かかることがあります。
最後に
交通事故後の治療は、患者さまが身体を完治させるために必要な処置や、
通院期間は気になることでもあります。身体の不調が続けば、悩ましくストレスも溜まります。
また、保険会社とのやりとりで治療に専念できないと困っている方も少なくありません。
後遺症を残さないためにも、保険会社とのやりとりも当院がサポートします。
そして、一日も早く患者さまが治療に専念できる環境を整え、完治への手助けを
させていただきます。

交通事故の後遺症を防ぐ治療と通院期間~詳しくはこちら

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剱持真克登監修

———————————————–
交通事故の治療事例多数!夜19:30まで受付
交通事故治療のご相談は八王子くわの森整骨院までお気軽にお問合せ下さい!

top


————————————————

     2021年05月13日    

         

※個人の感想であり、効果には個人差があります。