手先の痺れとストレートネック

   

「手先が痺れて物を触ったりした感覚が分かりにくい」といった症状がみられるにも関わらず、具体的な原因が不明で、お薬で対応してはいませんか?
八王子くわの森整骨院では、お客様の身体の状態から痺れの原因を考え、アプローチしていきます。

<手先の痺れの原因>

手先の痺れの原因には様々な原因があります。
脳の病気や脊髄の病気、あるいは糖尿病や多発性筋炎など重篤な病気が原因の場合もあるため、まずは医療機関を受診される方も多いはすです。
病院で診断がつけばよいですが、中には原因となる病気が明らかにならず、自覚症状に悩まされる場合も少なくはありません。
そのような場合には、日々の生活習慣による骨格の歪みや筋肉の凝りが原因で手先の痺れが引き起こされている場合もあるのです。

<ストレートネックとは?>

近年、デスクワークやスマートフォンの使用などの増加とともに増えているのが、「ストレートネック」とよばれる首の状態です。
首の骨である頸椎には、元々前彎により首の可動域を確保する構造になっています。
しかし、ストレートネックになるとこの前彎が真っ直ぐになり、横から見ると肩よりも頭が前に突き出した状態となります。
そのため、常に首や肩周りの筋肉に負担がかかり、張って凝りやすくなるのです。
下を向いて長時間スマートフォンを見ていたりすることで、頭頚部の動きが少なくなり徐々に不良姿勢が形成されてしまいます。
そしてストレートネックでは、頚椎症などと同様に手先の感覚の異常や痺れの原因になるのです。

肩の痛み画像

<不良姿勢と痺れの関係>

そもそも、ストレートネックなど不良姿勢による身体の歪みが進行すると、負担がかかった筋肉が固くなり、神経を圧迫してしまうことで痺れや感覚異常に繋がるケースがあります。
特に首や肩の周りは頭を支える役割があるため、筋肉が凝りやすいですが、一度不良姿勢になるとご自身では気付きにくく不調のみ感じてしまうことが多いでしょう。
そのような場合には、身体の歪みや凝り固まった筋肉を和らげ元の状態に近づけることで、症状が軽減することが期待できるのです。

<痺れを解消するためのアプローチ>

整骨院を訪れる方は、整形外科など医療機関を受診しても原因が明らかにならなかった方が相談に来られます。

そのような場合には、原因を局所だけから探るのではなく、骨盤や脊椎の歪みあるいは肩周りの筋肉など1人1人に合わせた対応が必要です。

当院では、生活習慣などの問診から、ケアの効果を高める日常生活での工夫などの提案も行わせて頂きます。

<八王子くわの森整骨院では>

八王子くわの森整骨院では、肩周りの筋肉を和らげたり、深層筋を調整したりして筋肉の状態を整えます。
また、骨格や骨盤の矯正も得意としており、整えた筋肉が疲れにくく、凝り固まらないように施術を実施しています。
これまで痺れの原因が明らかにならなかった方、あるいは首や肩周りの凝りに悩まされている方は、ぜひ一度当院までご相談ください。


>「手先の痺れとストレートネック」ほか首や肩の症状に関するブログはこちら

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


整えた筋肉が疲れにくく、凝り固まらないように施術し首や肩周りの凝りの改善をします。

八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! >>MAP
痛みの原因を明らかにし「再発させないように」しませんか?
>>TOPへ

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

テレワークが原因で起こる身体の痛みとは

   

腰の痛みが酷くなってきた・・・八王子駅から徒歩5分、くわの森整骨院へお任せください!

テレワークが続くことで身体の痛みを訴える人も増加しています。
そこで、テレワークが原因で身体の痛みが起こっている仕組みや、改善方法についてご紹介していきます。

テレワークによって起こる身体の痛みと原因

テレワークが導入されたことによって、出社する必要もなくなり自宅で仕事をすることが新しい生活様式の1つとして定着しつつあります。
しかし、テレワークが続くことによって肩や首、腰など身体のあちこちに痛みが生じていると訴える人も増えているのです。
こうした身体の痛みが起こる原因を、痛みの出る箇所ごとに見ていきましょう。

首の痛み

テレワークによって首に痛みや重さを感じるようになったという方は増加しています。
これは、テレワークによってパソコン画面を見る時の姿勢が問題になっていると言えるでしょう。
パソコン画面を見る際に、首を前に出すような姿勢になっていませんか?
この姿勢は、首に大きく負荷をかける姿勢となり、首回りの筋肉を緊張させてしまうことで痛みが生じてしまいます。
本来、首は重い頭を支えながら負荷を分散させるために湾曲を描いていますが、首を前に出すような姿勢が続くことで湾曲がなくなって「ストレートネック」と呼ばれる首になります。
ストレートネックになると首にはより負荷がかかりやすくなってしまいます。

肩の痛み

テレワークによって肩こりや肩の痛みが生じるようになったという方もいれば、これまでの慢性的な肩こりが悪化したという方もいるでしょう。
肩の痛みが起こる原因も、テレワークでパソコン画面を見る時の姿勢が関係しています。
作業している姿勢が悪ければ余分な負荷が肩にかかってしまいますし、集中することで肩に力が入ってしまい筋肉疲労を起こして痛みが生じます。
肩の痛みは首の痛みとセットで生じる方も少なくありません。

腰の痛み

テレワークによって腰痛が悪化した方や、これまで腰痛のなかった方も腰が重く感じるようになったという声をよく聞くようになりました。
これは、テレワークで同じ姿勢が長時間続くことで、腰に負荷がかかっていることが原因です。
腰に負荷が蓄積されれば筋肉が緊張して硬くなることで血流が悪くなり、痛みが生じるようになります。
また、出社していれば出退勤では歩くことになりますし、社内で多少動くこともあるでしょう。
こうした動きが自宅ではほとんどなくなるため、ますます筋肉が硬くなることで痛みが生じやすくなります。

身体の痛みを解消するためにできること

新型コロナウイルスの影響によるテレワークはまだ当分続く見込みですし、今後は新しい働き方としてテレワークが主流になる可能性もあります。
そのため、身体の痛みを解消するために日常的にできることを実践するようにしましょう。

・運動不足を解消する
・机や椅子の高さを見直す
・作業する際の姿勢に気を付ける
・同じ姿勢が続く場合には休憩を挟む

こうしたことを日常的に心掛けるだけでも身体の痛みの解消や、再発の予防に繋がります。

まとめ

テレワークが引き金となって首や肩、腰などに痛みが生じる人も増えていますが、日常の何気ない動作や姿勢が主に根本の原因です。
そして、こうした動作や姿勢は身体のゆがみを蓄積させることとなり、より一層痛みやこりを悪化させます。
当院では骨盤矯正によって身体のゆがみを調整し、根本の原因からの改善をサポートします。
テレワークで身体に痛みなど不調が現れるようになったという場合には、お気軽にご相談ください。


テレワークが原因で起こる身体の痛みとは

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


身体のゆがみを調整し、テレワークによる不調の改善をします。
八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP
痛みを取り去り「再発させないように」しませんか?
TOPへ

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

関節可動域が低下する原因とは?|八王子|整骨院

   
骨折や脱臼などを除くと、関節可動域が低下する原因は不動により生じる筋短縮や、皮膚・筋・関節包などの軟部組織の硬化です。事故やスポーツによる外傷後に放置すると、関節可動域が低下します。八王子くわの森整骨院は根治を目指した治療を施します。
無意識に不動は生じている?
ギプスなどで固定をしていない場合でも、痛みが生じている患部が無意識の内に不動となっているケースがよくあります。人は身体のどこかに痛みが生じると、痛みからの逃避反応として防御行動をとります。例えば、患部をかばって逆側の手脚を中心に使用したり、患部周囲の筋肉に過度に力を入れて使用する場合などがあります。その結果、患部の痛みは軽減しますが、患部は不動となります。
患部の不動は他部位の痛みにつながる?
患部の不動が継続することで問題となるのは、二次的に出現する痛みです。患部をかばって過度に使用することで負担がかかり、初めは痛みのなかった部位まで痛みが生じる場合です。最初は足だけの痛みが、放置すると膝や腰、肩も痛くなる場合さえあります。たった一つの痛みでも全身に影響し、痛みの連鎖が生じます。この悪循環を早期に断ち切ることがとても重要となります。
軟部組織が硬化する原因
関節を固定して不動を継続すると、最初に起きるのが骨格筋の短縮です。関節部位によっても異なりますが、2〜4週後までは関節可動域が低下する主原因は骨格筋の短縮です。次に起きるのが、皮膚・筋・関節包などの軟部組織の硬化です。1週間の関節固定でも各組織にコラーゲン(たんぱく質の一つ)が増生しますが、より顕著となるのは4週間以上が経過してからです。コラーゲンと聞くと良いイメージがある方も多いかもしれませんが、コラーゲンが増生すると各組織が繊維化します。つまり、軟部組織の硬化を意味し、他動的に伸長した際の張力(抵抗)が増加します。
外傷が生じている際は、一定期間の固定が必要な場合がありますが、必要以上の固定は筋短縮や軟部組織の硬化を引き起こします。状態に合わせた適切な対応が必要となります。
八王子くわの森整骨院での治療
スポーツや交通事故後の外傷の場合、受傷後に治療せずに長く期間が経過していると、二次的な痛みも混在し、関節可動域も低下している場合があります。二次的に生じている痛みを治療することで、患部の治癒が早まる場合もあります。
八王子くわの森整骨院では患部の治療のみではなく、触診によって全身の筋肉や関節の状態を丁寧に確認し、姿勢や動作パターンからも痛みの原因を分析します。受傷前からの身体的な弱点や動作パターンの癖が痛みを増強させている場合もあり、問診も丁寧に行います。八王子くわの森整骨院の治療は対症療法ではなく、根治を目指した治療を常に目標としています。外傷直後の方や長期間経過してしまった方でも、何か気になる症状がある方は早めにご相談下さい。
<参考文献>
関節可動域制限の発生メカニズムとその治療戦略 著)沖田実 理学療法学2014”
柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修
——————————————————————————
あなたの骨盤は歪んでいませんか?骨盤矯正で身体をケア。
八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前!
痛みを取り去り「再発させない」身体を目指しましょう。

top


——————————————————————————-

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

股関節の痛みの正しい対処法|八王子駅|骨盤矯正|整骨院

   
女性に多くみられる悩みの一つに骨盤や股関節の痛みが挙げられます。
自然と痛みが治まっていたにも関わらず、知らないうちに症状が進行してしまうケースは珍しくありません。
八王子くわの森整骨院では、股関節の痛みの正しい対処法をお伝えし矯正します。
股関節の痛みの原因は?
股関節の痛みの原因となるのは、関節の適合性異常が原因である場合が多くみられます。
すなわち、身体の歪みにより関節が不安定、あるいは負荷がかかりやすい状態で過ごすことが影響しているのです。
年齢を重ねるにつれ、関節軟骨の低下や股関節周囲の筋力が低下することでより症状が顕著になるでしょう。
そのため、初期症状として股関節の痛みや違和感がみられた際に、適切な対処を行うことが必要なのです。
変形性股関節症の症状とは?
40代からの女性で特に注意しなければならないのが、変形性股関節症です。
初期では股関節の痛みや違和感がみられます。痛みは大腿の外側や前面にも生じ、歩く時や体重をかけた際などに強まる傾向がみられます。さらに症状が進行すると可動域の低下や日常生活に支障をきたすため、手術を検討しなければならない場合もあるでしょう。
対処法1 股関節の歪みと全身バランスを整える
股関節の適合性が悪くなると、気が付かないうちに姿勢や歩き方のバランスを崩しやすくなります。
そのため、股関節以外の代償動作で補う傾向があり他の部位の筋肉が硬くなることや関節が歪みやすくなってしまうのです。
くわの森整骨院では、立位姿勢を整えるためのブロック式骨盤矯正を実施しています。
歩く前の基本となる、正しい立位姿勢を取り戻し全身のバランスを整え股関節の歪みにアプローチをしていきます。
なお、ブロック式骨盤矯正は痛みにも配慮し行うため安心して施術をうけていただけます。
対処法2 股関節を安定させ痛みの再発を防ぐ
初期症状に対して特に重要となるのが、股関節の筋力を強化し関節の安定性を高めることです。
なぜなら、股関節が不安定な状態で歩くことで関節軟骨が摩耗し、症状が進行してしまう危険性が高くなるからです。
しかし、股関節の筋力トレーニングには様々な方法があるため、適切なトレーニング方法を選ぶのは難しいという悩みも多いでしょう。
当院では、体重をかけないトレーニング方法から自宅での運動習慣、生活習慣の助言と個人に合わせた対策をご提案させていただきます。
特に最初の内は、正しいフォームで運動することが大事ですので、股関節に痛みや違和感がある場合にはお気軽にご相談ください。
八王子くわの森整骨院では
八王子くわの森整骨院では、身体のバランスを測定機器で確認するなどして、皆様に分かりやすく身体のバランスをフィードバックするようにしています。
股関節の痛みが気になる方はもちろん、運動を続けるのが苦手な方やどのように筋力トレーニングをすればよいか分からない方など、まずはお悩みをご相談ください。
股関節の正しい知識を手に入れ、きちんとした対策を一緒に考えていきましょう。
柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修
——————————————————————————
あなたの骨盤は歪んでいませんか?骨盤矯正で身体をケア。
八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前!
痛みを取り去り「再発させない」身体を目指しましょう。

top


——————————————————————————-

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

気づいていますか? 代償動作|八王子駅|整骨院|骨盤矯正

   
痛みで身体が動かしにくいと自然と痛みを避け、楽な動作を取る傾向があります。これは代償動作と呼ばれ、習慣化すると身体の歪みや骨盤の捻れにも影響します。八王子くわの森整骨院では、正しい身体の動かし方、矯正法をお伝えします。
【代償動作とは?】
代償動作は、健康な方でもみられるため注意が必要です。
例えば、椅子に座るときに背中を丸めたほうが座りやすい場合はないでしょうか?
背中を丸めて座ることは、本来使われるはず身体を支える腹筋や背筋などの筋肉が使われていない状態です。
また、骨盤も正常と比べ後傾しやすく、そのバランスをとるために背骨に歪みが生じやすくなるでしょう。
このように「ある姿勢や動作が行いにくい」あるいは「行えない」場合に、他の部位の機能を用いて行うことを「代償動作」と呼びます。
リハビリテーションの世界では、怪我や病気によって残された機能を用いるための代償動作もありますが、できれば代償動作は抑制し改善する必要があるのです。
【代償動作のデメリット】
代償動作のデメリットは大きく分けて①筋肉のバランスが崩れること②身体の歪みの2つです。
なぜなら、この2つが重複すると代償動作により負担がかかっている部位に、痛みや疲労が生じやすくなるからです。
さらに、痛みや疲労は新しい代償動作に繋がるため、日々の習慣が悪循環に陥ってしまう方が多いのです。
<筋肉のバランスが崩れると痛みの原因に>
代償動作がある場合には、「拮抗筋」とよばれる筋肉にも負担がかかります。
拮抗筋とは、腹筋と背筋のように反対の動きや作用がある筋肉の総称です。
代償動作がみられる方では、片側の筋肉が弱い場合、この反対の拮抗筋が過活動の状態となります。
そのため、働き過ぎた筋肉が凝り固まり、痛みの原因となるのです。
<代償動作による身体の歪み>
具体的には、歩く際に膝が痛いと自然と足が地面につく時間が短くなっています。
普段は意識しにくいため、気付かないまま過ごされる方も多いでしょう。
そのような方は、歩き方をみると正常よりも身体が左右に揺れやすくなるのです。
筋力が強い方は筋肉で代償動作を補いますが、難しい場合には骨や関節に負担をかけながら生活をしていかなければなりません。
そうすることで、関節が動かしにくくなったり、不良姿勢になったりと結果として身体が歪んでしまうのです。
【代償動作を防ぐには】
代償動作を防ぐには、まずは身体の歪みを元に近づけることが大事です。
方法としては、正しい動作指導や適切な筋力トレーニングを実施することが有効です。
特に歪みがある場合には、筋力トレーニングの方法や負荷にも注意しなければなりません。
関節に痛みがある場合には、関節のかみ合わせに対しての施術も重要です。
一方で関節がゆるい場合には、テーピングで固定して正しい動作を行う事も代償動作の予防に繋がります。
【八王子くわの森整骨院では】
八王子くわの森整骨院では、骨盤矯正を始めとした身体の歪みに対しての施術を得意としています。
日常生活の習慣や実際の動作から代償動作の原因を一緒に考えさせて頂きます。
また、必要に応じてテーピングや個人で行える正しいトレーニングの指導も実施しています。
代償動作は、ご自身では気付きにくいため、いつもより身体が動かしにくいことや不調を感じることがあれば、お気軽にご相談ください。
柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修
——————————————————————————
デスクワークで肩が痛い・・・治らない治らないと肩ばかり揉んでいませんか?
八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前!
痛みを取り去り「再発させない」身体作りを目指しましょう。

top


——————————————————————————-

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。