最近ケガをしやすいとお困りの中高年の方へ|八王子市|整骨院

   

年齢を重ねると、日常の何気ない動作でケガをしやすくなりませんか?
運動不足を解消しようと運動を始めてケガすることもあれば、何もない所でつまずいて捻挫してしまうようなこともあるでしょう。
また、高齢者の方はベッドから落ちてしまい骨折するというケガも問題になっています。
こうしたケガには適切な対処を行うことで早期回復が期待できます。
また、日常生活の中でケガをしないようにするための予防も行っていきましょう。

最近ケガをしやすいとお困りの中高年の方へ

ケガをしたらすぐに応急処置を行いましょう

日常生活の中やスポーツをしていてケガをしてしまった場合、すぐに応急処置をすることが大切です。
すぐに処置を行えば、ケガが悪化することを予防しながら、ケガの早期回復も見込めます。
自己判断で軽いケガだから応急処置は必要ないと判断すれば、ケガが悪化してしまい、治りも遅くなってしまう原因になります。
ケガをした場合には、すぐに次の処置を行いましょう。

・安静にする
ケガをしたら、動かさずに安静にします。
無理に動かせば、炎症が拡大することで症状が悪化する恐れがあります。
患部を動かさないようにし、動かしてしまいそうになる箇所の場合は包帯などを使って固定するようにしましょう。

・冷やす
ケガをした直後は炎症を起こしています。
患部付近をアイスパックなどで冷やせば炎症が抑制され、痛みの緩和や早期回復が期待できます。
冷やしすぎると低温火傷してしまう可能性があるので、10~15分冷やして様子を見、痛みが強いようであれば再度冷やすようにしましょう。

ケガ予防①:運動前後はストレッチをする

運動前後には必ずしっかりとストレッチをするようにしましょう。
ストレッチをせずに急に運動を始めれば、緊張している筋肉が動作についていくことができずにケガをしてしまう原因になります。
また、運動後にストレッチをすれば、筋肉疲労の緩和が期待できます。

ケガ予防②:日頃からストレッチをする

身体は動かさないでいると、どんどん筋肉や靭帯などの組織は硬くなってしまいます。
そうすると、急な動きに対応することができずに転倒してしまい、ケガをするようなことが増えるのです。
そのため、日頃からストレッチを行い、筋肉や靭帯の柔軟性を高めるようにしましょう。
筋肉の柔軟性が高まれば血行も促進されるようになり、腰痛や肩こりの予防にも繋がります。

ケガ予防③:筋肉量を高める

適度な運動を行い、筋肉量を高めることもケガの予防に繋がります。
筋肉量が少なければ身体を上手く支えることができないため、バランスを崩しやすくなることでケガに繋がります。
筋肉量があれば身体をしっかりと支えることができ、急な動きをしても筋肉が支えてくれるので転倒の予防になります。
ウォーキングやエクササイズ、ジョギングなど適度な運動を行うようにしましょう。

ケガ予防④:整骨院で施術を受ける

日頃の姿勢の悪さや運動不足などが重なり、硬くなってしまった筋肉などの組織は自分で柔軟性を高めることが難しいという方も多いでしょう。
整骨院の施術では、硬くなってしまった筋肉をほぐし、柔軟性を高めることができます。
身体が硬くて動かしにくいという方や、運動することができないという方は、まず整骨院で柔軟性を高めましょう。
そして、バランスの悪くなった身体の筋肉を調整し、歪みを整えることで転倒などの日常の中で起こるケガが起こらないような身体作りをサポート致します。


>>「最近ケガをしやすいとお困りの中高年の方へ」ほかためになる情報が沢山!

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


「もう年だから…」と、身体の不調見て見ぬふりをしていませんか?
原因の根本を取り除くアプローチをしましょう。
八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! >>MAP
カウンセリングを通して、
お客様一人一人の悩みに寄り添った施術を心がけています。

>>TOPへ

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

冷えやむくみは根本から改善しましょう!|八王子市|整骨院

   

「季節関係なく手足が冷たい」「朝起きると顔がむくんでいる」「夕方からの足のむくみがひどい」など冷えやむくみにお悩みの方は多いでしょう。
マッサージや入浴をすれば、冷えやむくみは一時的に改善されます。
しかし、一時的な改善はすぐに再発を引き起こしてしまうため、結局は冷えやむくみの悩みを改善することができません。
そこで、冷えやむくみが起こる根本の原因を知り、冷えやむくみから解放されましょう。

クーラーで冷える女性

冷えが起こる原因①:血液不良

冷えが起こる原因として、まず1つ目に血行不良が挙げられます。
血液は心臓から循環して全身に巡っていますが、血液循環が悪くなれば手や足の先に血液が届きにくくなるため冷えが起こりやすくなります。
血液循環が悪くなる原因はさまざまなものが考えられますが、姿勢の悪さや運動不足など日常生活の習慣が関係していることも多いです。
姿勢が悪くなれば筋肉に偏った負荷がかかるため、筋肉が緊張して硬くなることで血流が悪くなります。
そうすると、手足に血液が届きにくくなることで冷えが生じます。

冷えが起こる原因②:自律神経の乱れ

自律神経は体温調整を行う役割がありますが、自律神経が乱れれば上手く体温調整ができなくなることで冷えが症状として現れるようになります。
自律神経が乱れる原因は、女性の場合はホルモンバランスの乱れが挙げられます。
また、身体にゆがみが生じていると、筋肉が緊張することで血液循環が悪くなり、自律神経に影響を与えます。

むくみの原因

私たちの身体の中では水分が血管を通じて循環しながら老廃物を排出するなどして水分バランスを維持しています。
しかし、余分な水分が貯まると血液から水分が皮膚の下にしみ出し、むくみとして現れるようになります。
血液循環が悪くなれば水分が上手く循環できなくなるため、むくみが生じやすくなります。
とくに足のふくらはぎの筋肉は血液循環のポンプ作用の役割を担っているため、運動不足や長時間のデスクワークなどで動かさないでいると血液循環が悪くなることでむくみを起こしやすくなります。

冷えやむくみは日常のケアも大切

冷えやむくみを改善するには、日常から正しいケアを行うことも大切です。
入浴は身体の内側からしっかり温めることができるので冷えの解消に繋がるだけではなく、緊張した筋肉が緩和されるので血行が促進されます。
そうすると、冷えやむくみの改善にも繋がると考えられます。
また、適度な運動やストレッチは、硬くなった筋肉の柔軟性を高めることができ、血行促進効果が期待できます。
ウォーキングや水泳、エクササイズなどふくはぎを動かす運動になるため、血液循環が促進されやすいことからおすすめです。

整骨院ならば根本からの改善が期待できます

整骨院では、冷えやむくみお悩みの方に手技などを用いた施術を行っています。
緊張して硬くなってしまっている筋肉をほぐし、血行が促進されやすいように施術していきます。
また、身体のゆがみがあれば部分的に筋肉をほぐしても、再び負荷がかかることで筋肉が緊張して血行不良を引き起こしてしまうため、身体のゆがみの改善も行っています。
くわの森整骨院では矯正施術により身体のゆがみへアプローチしていきますが、バキバキと音を鳴らすような無理な施術は行いません。
身体が硬くてお困りの方や、矯正施術が初めてで不安だという方でも安心して施術を受けていただけます。
冷えやむくみ以外の身体の不調の改善も期待できるため、まずはお気軽にご相談ください。


>>「冷えやむくみは根本から改善しましょう」ほかためになる情報が沢山!

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


身体の不調見て見ぬふりをしていませんか?
原因の根本を取り除くアプローチをしましょう。
八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! >>MAP
カウンセリングを通して、
お客様一人一人の悩みに寄り添った施術を心がけています。

>>TOPへ

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

整体院と整骨院は違う|交通事故治療|八王子市|トラブル

   

交通事故治療のご相談は八王子くわの森整骨院までお気軽にお問合せ下さい!

交通事故の被害者の方が後遺症治療のため整骨院(接骨院)か整体院いずれかに通う場合、保険会社とトラブルになるケースもあるため注意点を、ご説明させていただきます。もちろん、大切なのは身体の完治です。整骨院(接骨院)に安心して通院するための重要な要点となります。

事故後の通院で身体を治したい

交通事故に遭われ、骨折やむち打ちといった症状で整形外科へ頻繁に通院することになるでしょう。しかし、整形外科医では後遺症の治療や判断は難しい場合もあり、レントゲン、MRI、CTを撮影して診断をおこないますが、それでも原因が特定できないケースもあるようです。

温湿布治療や痛み止めの併用を続け経過良好を図るだけということもあります。

そのため症状の改善を望むために整骨院やカイロプラクティックに整体院を頼られることも選択肢としてあげられます。、接骨院では交通事故の後遺症治療のとなる、むち打ちや頚椎捻挫について精通している柔道整復師が数多くることで、口コミや評判を頼りに診察へ足を運ばれる方が多くいらっしゃいます。

接骨院と整体院での後遺症の施術は保険適用外のケースになることも?

交通事故の後遺症治療で整体院に通いマッサージや腰痛などを受ける人がいますが、気を付けなければならないのが、整体院でかかった治療費は保険会社からは施術にかかった料金が一切支払われないこともあると言われています。その多くの保険会社に請求できると勘違いするケースなのが、接骨院と整体院を混同しがちなことです。

なぜ、却下されるかというと、接骨院と整体院の定義が違うのが一つあげられます。

その違いとは…医療に関する受講を3年間に渡って受け柔道整復師という国家資格を持つ人が治療(柔道整復術)するのが接骨院。

整体院は、国家資格を必要とせず、誰でも開業することができる代替医療となるため、保険適用外とされるので、後遺症治療の通院で整体院に通っていたことで、保険会社から治療費が落ちないという事があるので気を付けましょう。

また、整骨院は病院と同じように保険の適応範囲内のケガであれば保険が使えますが、保険適用外の施術は全額自己負担になります。そして、あらかじめ医師の許可(診断書)を得ることが必要となります。

最後に

交通事故後の対応を知らないと損する可能性も大いにあります。事故後は、ショックから身体の異変に気が付かない事もあります。そして、病院へ毎日通院しても良くならない場合など、接骨院に足を運ばれることで新たな角度からのアプローチをすることは、健康的な暮らしを取り戻すことも出来ます。

ただ気を付けて欲しいのは、自己判断で完治したと通院の頻度を減らしたりすることで、1週間後や2週間後に同じ症状が出る事もございますので、しっかりとした完治を目指しましょう。

整体院と整骨院は違う~詳しくはこちら
柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剱持真克登監修
——————————————————————————-
交通事故の治療事例多数!夜19:30まで受付
交通事故治療は八王子くわの森整骨院にお任せ下さい!

top


——————————————————————————-

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

テレワークが原因で起こる身体の痛みとは

   

腰の痛みが酷くなってきた・・・八王子駅から徒歩5分、くわの森整骨院へお任せください!

テレワークが続くことで身体の痛みを訴える人も増加しています。
そこで、テレワークが原因で身体の痛みが起こっている仕組みや、改善方法についてご紹介していきます。

テレワークによって起こる身体の痛みと原因

テレワークが導入されたことによって、出社する必要もなくなり自宅で仕事をすることが新しい生活様式の1つとして定着しつつあります。
しかし、テレワークが続くことによって肩や首、腰など身体のあちこちに痛みが生じていると訴える人も増えているのです。
こうした身体の痛みが起こる原因を、痛みの出る箇所ごとに見ていきましょう。

首の痛み

テレワークによって首に痛みや重さを感じるようになったという方は増加しています。
これは、テレワークによってパソコン画面を見る時の姿勢が問題になっていると言えるでしょう。
パソコン画面を見る際に、首を前に出すような姿勢になっていませんか?
この姿勢は、首に大きく負荷をかける姿勢となり、首回りの筋肉を緊張させてしまうことで痛みが生じてしまいます。
本来、首は重い頭を支えながら負荷を分散させるために湾曲を描いていますが、首を前に出すような姿勢が続くことで湾曲がなくなって「ストレートネック」と呼ばれる首になります。
ストレートネックになると首にはより負荷がかかりやすくなってしまいます。

肩の痛み

テレワークによって肩こりや肩の痛みが生じるようになったという方もいれば、これまでの慢性的な肩こりが悪化したという方もいるでしょう。
肩の痛みが起こる原因も、テレワークでパソコン画面を見る時の姿勢が関係しています。
作業している姿勢が悪ければ余分な負荷が肩にかかってしまいますし、集中することで肩に力が入ってしまい筋肉疲労を起こして痛みが生じます。
肩の痛みは首の痛みとセットで生じる方も少なくありません。

腰の痛み

テレワークによって腰痛が悪化した方や、これまで腰痛のなかった方も腰が重く感じるようになったという声をよく聞くようになりました。
これは、テレワークで同じ姿勢が長時間続くことで、腰に負荷がかかっていることが原因です。
腰に負荷が蓄積されれば筋肉が緊張して硬くなることで血流が悪くなり、痛みが生じるようになります。
また、出社していれば出退勤では歩くことになりますし、社内で多少動くこともあるでしょう。
こうした動きが自宅ではほとんどなくなるため、ますます筋肉が硬くなることで痛みが生じやすくなります。

身体の痛みを解消するためにできること

新型コロナウイルスの影響によるテレワークはまだ当分続く見込みですし、今後は新しい働き方としてテレワークが主流になる可能性もあります。
そのため、身体の痛みを解消するために日常的にできることを実践するようにしましょう。

・運動不足を解消する
・机や椅子の高さを見直す
・作業する際の姿勢に気を付ける
・同じ姿勢が続く場合には休憩を挟む

こうしたことを日常的に心掛けるだけでも身体の痛みの解消や、再発の予防に繋がります。

まとめ

テレワークが引き金となって首や肩、腰などに痛みが生じる人も増えていますが、日常の何気ない動作や姿勢が主に根本の原因です。
そして、こうした動作や姿勢は身体のゆがみを蓄積させることとなり、より一層痛みやこりを悪化させます。
当院では骨盤矯正によって身体のゆがみを調整し、根本の原因からの改善をサポートします。
テレワークで身体に痛みなど不調が現れるようになったという場合には、お気軽にご相談ください。


テレワークが原因で起こる身体の痛みとは

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


身体のゆがみを調整し、テレワークによる不調の改善をします。
八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP
痛みを取り去り「再発させないように」しませんか?
TOPへ

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

「筋膜リリース」知識から方法まで

   

筋膜リリースに興味を持ったら八王子くわの森整骨院へ。

全身の組織は筋膜に包まれています。筋膜のねじれは筋や血管、神経にも影響を与え、急性の障害が治癒した後も徴候を残すこともあります。筋膜リリースはくわの森整骨院で用いる施術の一つです。

筋膜の役割

筋膜は筋肉の表面を包む薄い膜状の結合組織です。筋膜には複数の種類があり、筋の表面を覆うのが外筋周膜です。この外筋周膜と筋はゆるく結合し、筋と筋膜の間は大きく滑動します。隣の筋や他の構造物とずれ合う場合も、筋膜はその滑動を助けます。また、筋膜は筋の表面を強く包み、筋腹が膨れすぎないようにしています。このように筋膜は筋肉を保護し、筋肉の収縮時に滑りを助け、神経・血管・リンパ管を支えて通過させる役割を持ちます。

筋膜の異常が起きるメカニズム

筋膜は瘢痕、炎症、疼痛、異常筋緊張、慢性的な身体的ストレスや精神的ストレス、偏った筋活動、異常姿勢など種々の原因で機能異常をきたします。筋膜は一部を除いてコラーゲン繊維とエラスチン繊維から成り、これらは水溶性の基質です。筋膜に異常を認めると、粘度の高い状態に変化し、筋膜本来の滑りが悪くなります。
筋膜の異常は交通事故後やスポーツ外傷後に起きることがありますが、普段の日常生活動作の中でも起きる場合があります。不良姿勢や同一姿勢を長時間とり続ける場合でも偏った筋活動につながり、筋膜の異常をきたすことがあります。ひどい肩こりや頭痛、腰痛なども筋膜のゆがみが主原因となっているケースもあります。

筋膜に異常が起きるとどうなる?

筋膜の異常を放置すると、筋膜が短縮し、癒着します。その結果、筋肉の収縮を妨げるため、関節可動域の低下にもつながります。本来の動きができなくなった筋肉は、動かさないことで萎縮します。筋肉自体も硬くなり、血管を圧迫することで循環不全をきたします。硬い筋肉を動かすと疼痛が生じるため、他部位で代償し、患部は無意識に動かさなくなります。当然、姿勢の非対称性は強まり、パフォーマンスも低下します。神経にも影響する場合は、触知覚異常を起こす場合さえあります。

筋膜リリースとはどのような施術か?

筋膜リリースとは、ストレッチのように一定の方向に伸ばすのではなく、筋膜のねじれを様々な方向に「解きほぐす(リリース)」施術です。治療者は手掌や指腹を用いて、患部の筋膜に対して穏やかに伸張をかけます。患部の血流量が増え、熱を引き出します。リンパの流れも改善し、筋膜組織自体も再編成されます。

八王子くわの森整骨院での施術

まずは問診、姿勢や動作の観察、触診などの必要な評価を行います。筋膜リリースは当院にて行う施術手技の一つで、筋膜に原因がある場合は筋膜リリースなどの施術を行います。その後の効果を持続させるため、自分で行える筋膜リリースの方法も指導します。また、姿勢や動作パターンが原因となっていないかを確認し、再び元に戻ってしまわないように指導します。八王子くわの森整骨院では一時的な回復ではなく、根治を目指して施術します。
<参考文献>

人体解剖学 著)藤田恒太郎 南江堂
筋膜リリース 著)竹井仁 理学療法科学2001


整骨院の「筋膜リリース」知識から方法まで

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


筋膜リリースの施術から、効果を持続させるためのセルフケアも指導します
八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP
痛みを取り去り「再発させないように」しませんか?
TOPへ


         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。