腰椎椎間板ヘルニアとは? | 八王子くわの森整骨院

   

多くの人が悩まされている腰痛。その中でも足のしびれや筋力低下といった症状も起こる「腰椎椎間板ヘルニア」の特徴や原因、予防方法について八王子くわの森整骨院が専門的な視点からわかりやすく解説しています。

bussinessMan

腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰椎の椎間板の中から髄核という組織が飛び出して神経を刺激し、腰痛や足のしびれなどが生じる病態です。
20〜40代の男性に多くみられ、特に屈み仕事や力仕事をする人になりやすいといわれています。

腰椎とは?

背骨は頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨から成り立っており、一つ一つの背骨を脊椎(せきつい)、全てをまとめて脊柱(せきちゅう)と呼びます。そのうち腰の部分にあるのを腰椎といい、腰椎は5つの脊椎から構成されています。

椎間板とは?

椎間板は脊椎と脊椎の間に存在し、主に脊柱にかかる衝撃や負担を和らげるクッションのような働きをしています。椎間板の中心には髄核(ずいかく)と呼ばれるゼリー状の組織が存在しています。

ヘルニアとは?

ヘルニアとは、体内の臓器や組織が本来あるべき箇所から「脱出・突出」した状態を指します。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

脊柱の後方には神経が通っているため、椎間板から脱出してしまった髄核が神経を刺激することによって痛みや痺れを引き起こします。
腰椎椎間板ヘルニアを発症すると以下の症状がみられます。

  • 腰痛
  • お尻や足にかけての痛みやしびれ
  • 足の異常感覚
  • 足に力が入らない
  • 尿や便が出にくい

特に足に力が入らない、尿や便が出にくいといった症状は病態がかなり悪くなっていることが多いです。場合によっては手術を行い、神経を刺激している箇所を取り除くこともあります。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

腰椎椎間板ヘルニアは主に以下のことが原因で発症します。

加齢による椎間板の変性

椎間板には水分が多く含まれているのですが、加齢によって水分量は減少していき、固くなってしまいます。するとクッション性が失われてしまい、椎間板に亀裂が生じることによってヘルニアを起こしやすくなります。

重たい物を持つ、前に屈むなどの動作が多い

前に屈むような動作をすると椎間板には圧縮されるストレスがかかります。特に負担のかかる動作は、屈んで床にある重たい物を持ち上げようとした時です。仕事で重たい荷物を運ぶことが多い人、ジムで床からバーベルを持ち上げるトレーニングをする人などはヘルニアを発症しやすくなります。

参考までに、立っている状態が椎間板へ100のストレスがかかるとすると、前に屈む動作は150、屈んで荷物を持つ動作は220になるといわれています。

座っている時間が長い

デスクワークや長時間のパソコン作業など、座っている時間が長いと椎間板に負荷がかかります。特に背骨が丸くなり、骨盤が後ろに倒れるような不良姿勢はより強く椎間板へストレスをかけてしまいます。

立っている状態が椎間板へのストレス100とすると、座っている状態では140、座っている状態から前に屈むと185、さらに荷物を持つと275になるといわれています。

腰椎ヘルニアの予防方法

腰椎ヘルニアを予防するための方法を以下に紹介します。

お尻やもも裏の筋肉を柔らかくする

前に屈む動作を行う際には、お尻にある大臀筋(だいでんきん)やもも裏にあるハムストリングスの柔軟性が必要になります。大臀筋やハムストリングスが硬いと、屈む際に腰へのストレスを強めてしまいます。ストレッチやマッサージによってそれらの筋肉を柔らかくすることはヘルニアの予防に効果的です。

腰のカーブを作る運動をする

腰椎は元々前に緩やかなカーブを描いており、このカーブは前弯と呼ばれます。腰椎の前弯があることよって椎間板へのストレスは軽減されるのですが、逆に丸まってしまうと椎間板には圧縮力がかかりヘルニアを発症しやすくなってしまいます。そのため腰椎の前弯を作るための腰痛体操や背骨周りの筋肉を鍛えることはヘルニアの予防に効果的です。

座っている姿勢や屈む動作を変える

椎間板は座っている姿勢や前屈み動作でストレスが強まります。ヘルニアを予防するためには座っている姿勢や屈み動作を改善することが有効となります。具体的にはなるべく腰の前弯を保てるような座り姿勢をとること、股関節や膝を曲げて屈むよう意識することなどが挙げられます。

まとめ

八王子くわの森整骨院で行っているブロック式骨盤矯正は腰椎椎間板ヘルニアの症状にも有効です。骨盤の状態を整えることで腰にかかっている負担を軽減させ、筋力を発揮しやすい状態にすることが可能となります。

 


>>腰椎椎間板ヘルニアとは?~腰の痛みについて詳しくはこちら

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


辛い腰痛にさよなら!仕事をしながらしっかり動ける身体にしましょう。
八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP
通院しやすいくわの森整骨院で身体のケアをしませんか?

TOPへ

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

ぎっくり腰には正しいケアが必要です|八王子|整骨院

   

ある日突然腰に激痛が走り、動けなくなってしまったという経験をしたことはありませんか?
腰の激しい痛みは「ぎっくり腰」かもしれません。
重い物を持ち上げた時や、朝起き上がろうとした瞬間などぎっくり腰が起こるのは何気ない動作です。
ぎっくり腰は再発しやすいと言われているので、再発予防のためにも正しいケアを行いましょう。

ぎっくり腰には正しいケアが必要です

 

ぎっくり腰と腰痛の違い

ぎっくり腰も腰痛もどちらも腰に痛みが生じるものですが、症状や損傷の状態が異なります。
腰痛は慢性的な場合が多く、腰が重いような痛みが続きます。
湿布やマッサージなどで一時的に緩和することもありますが、長期間重さや痛みが続く状態が腰痛です。
一方で、ぎっくり腰の場合は突然激しい痛みが現れることが特徴です。
動けないほどの痛みが数日続き、その後は1~2週間ほどかけて徐々に痛みが和らいでいきます。
根本劇な原因として、腰痛は筋肉の緊張から起こるものですが、ぎっくり腰は腰回りの筋肉が捻挫を起こしたような状態になっているという違いがあります。

ぎっくり腰が起こった直前にすべきケア

ぎっくり腰が起こった直後は、患部が激しく炎症を起こしている状態です。
そのため、冷やして炎症を抑制しましょう。
冷やすことで炎症が抑制されれば、痛みの緩和や早期改善が期待できます。
アイスパックや氷を入れたビニール袋などで10~15分ほど冷やし、様子を見て痛みが強ければ再度冷やします。
そして、炎症が消失する2~3日の間は無理に動かさないようにしましょう。
少しでも早く動けるようになりたいとすぐに動かそうとする方も多いですが、無理をすると症状が悪化してしまう恐れがあります。

動けるようになってきたら行うケア

2.3日経てば炎症も収まり、少しずつ痛みが緩和して動けるようになってきます。
この時期になれば冷やすのではなく、痛みが強い時には温めるようにしましょう。
数日動かさないようにしていたことで腰回りの筋肉が緊張している状態なので、温めることで筋肉の緊張がほぐれて血行が促進されれば痛みの緩和に繋がります。
また、動けるようになってきたら少しずつストレッチなどを取り入れて動かすようにしましょう。
ここで動かさなければ腰回りの筋肉が緊張して硬くなり、慢性的な腰痛に繋がる恐れがあります。
また、筋肉が緊張した状態で負荷が積み重なれば、ぎっくり腰が再発する可能性もあるので少しずつ動かすようにすることは非常に大切です。

ぎっくり腰は整骨院へ行くべき理由

ぎっくり腰の症状は数週間で自然に緩和されていくため、そのまま放っておく方も多いでしょう。
しかし、自分では完全に治ったと思っていても、実は不完全な状態のままで普段の生活に戻ることで再発や慢性腰痛になってしまうケースも少なくありません。
整骨院ではぎっくり腰の根本の原因からアプローチすることで、ぎっくり腰をしっかり改善させるだけではなく、再発や慢性腰痛を予防します。
ぎっくり腰は日常の何気ない動作によって起こりますが、実は日々の負荷が蓄積されていたものが容量オーバーになったことで起こっています。
そのため、余分な負荷が腰にかかってしまわないように身体や骨盤のゆがみを整えることが大切です。
くわの森整骨院では痛みの少ない矯正施術を行っているので、ぎっくり腰の方や過去にぎっくり腰を経験したという方も安心して施術を受けていただけます。


>>八王子くわの森整骨院の施術メニュー「腰の痛み」はこちらから

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


しぶとい腰痛は放っておいてもよくなりません!毎日痛いのを我慢するよりも
一度八王子くわの森整骨院で症状をチェックしてみませんか?

くわの森整骨院は八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP

TOPへ 

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

歩き方や立ち方が腰痛の原因に?!|八王子市|整骨院

   

普段私たちは歩き方や立ち方を気にすることはなく、楽なように歩いたり立ったりしています。
しかし、実は歩き方や立ち方が原因となり腰痛を引き起こしている場合があるのです。
そこで今回は、どのような歩き方や立ち方が腰痛を引きおこす原因になっているのか紹介していきます。
毎日の動作だからこそ、見直すことで腰痛の改善・予防を目指しましょう!

なぜ歩き方や立ち方が腰痛に関係しているのか?

歩き方や立ち方が腰痛を引き起こす原因になってしまう理由は、骨盤にあります。
骨盤は上半身と下半身を繋ぐ中心部分であり、上半身の重さを支えながら下半身とのバランスを取っています。
毎日何気なく歩いたり立ったりしていますが、腰には大きな負荷がかかっています。
そして、正しい歩き方や立ち方が出来ていなければ、身体のバランスを保つために腰の筋肉には更に大きな負荷がかかってしまいます。
そして、負荷が蓄積されると筋肉が硬くなってしまい、痛みが生じるようになります。
慢性的な腰痛になれば、腰の痛みを庇うような姿勢や歩き方になるので、より腰痛が悪化してしまうケースも少なくありません。

正しい歩き方とは

正しく歩くためには、まず日頃から姿勢を正す必要があります。
背筋を伸ばし、軽く顎を引いて正面を見ます。
背筋だけではなく歩き方自体も腰の負担に大きな影響を与えるので、足を引きずったような歩き方をしていないか確認しましょう。
かかとをあまり上げずに引きずって歩くような歩き方は、膝が伸びないうちに体重がかかってしまうため、バランスを取るために腰に大きな負荷がかかってしまっています。
とくに猫背姿勢の場合は腰が曲がっているので足が上がらずに引きずって歩いてしまいがちです。
歩いている時の姿勢や足の上げ方に注意し、正しい歩き方を身に付けましょう。

立ち姿勢も正しましょう

電車や信号待ちなどで立っている時の姿勢を気にする方は少ないでしょう。
自然と自分の楽なように立っているものですが、立ち姿勢が悪ければ腰痛を引き起こす原因になってしまいます。
背中を丸めた状態や、片側に重心を置いた姿勢など姿勢が悪くなってしまっている方は多いものです。
姿勢が悪ければ、身体のバランスを保つために腰には大きな負荷がかかってしまうことで腰痛を引き起こします。
腹筋が弱い人ほど腰回りがしっかり支えられず、姿勢が悪くなってしまいがちです。
立っている時の姿勢を正すだけではなく、腰回りを鍛えることも大切です。
ただし、腰が痛い時に無理して運動をすれば悪化してしまう可能性があるので、無理のない程度の運動から始めてみましょう。

座り姿勢にも要注意

歩き方や立ち姿勢だけではなく、座っている時の姿勢はとくに腰に負荷がかかっているので注意が必要です。
最近では新型コロナウイルスの影響もあり、テレワークで座りっぱなしの姿勢が続くことが増えたという方も多いでしょう。
姿勢の悪い状態で座り続ければ腰には大きな負荷がかかります。
姿勢を正して座るように心掛けるだけではなく、長時間座り続けるような場合には休憩を挟んで簡単なストレッチをするなど筋肉をほぐすようにしましょう。

ゆがみは整骨院で改善を!

歩き方や立ち姿勢など日常的な姿勢を改善することで腰痛の緩和や予防が期待できますが、すでに歪んでしまった身体を自力で元に戻すことは難しいものです。
腰痛の再発を予防するためにも整骨院で根本の原因となる身体のゆがみから改善していきましょう。
くわの森整骨院ではボキボキと音を鳴らさない矯正施術を行っているので、痛みなどはほとんどありません。
腰痛や姿勢の悪さが気になるという方はお気軽にご相談ください。

 


>>腰の痛みにお困りの方はこちらもどうぞ

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


しぶとい腰痛は放っておいてもよくなりません!毎日痛いのを我慢するよりも
一度八王子くわの森整骨院で症状をチェックしてみませんか?

くわの森整骨院は八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP

TOPへ 

 

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

産後の不調は骨盤のゆがみが原因かも?!|八王子市|整骨院

   

産後、体質が変わり腰痛や肩こりが生じやすくなった。
便秘やむくみやすさなど不調が起こりやすくなった。
産前の体型に戻らない。

このような悩みを非常に多く耳にします。
こうした産後の不調は出産による骨盤のゆがみが関係しています。

出産と骨盤のゆがみの関係性

「産後骨盤矯正」という出産後に行う骨盤矯正をよく見かけると思います。
なぜ産後に骨盤矯正が必要なのかというと、出産によって骨盤が大きく変化してしまうからです。
妊娠すると、出産に向けて骨盤が徐々に広がっていきます。
これは、リラキシンというホルモンが分泌されることで骨盤周辺の靭帯が緩まり、赤ちゃんが外に出てこられるように身体が自然と準備することで起こります。
そして、出産後にはオキシトシンというホルモンが分泌されるようになり、緩んだ状態の関節が時間を掛けて元に戻ろうとします。
しかし、元に戻ろうとしている状態の時に子育てや普段の姿勢などが関係し、骨盤がゆがんだままの状態で定着してしまうことがあります。
そうすると、骨盤のゆがみから不調が生じるようになるのです。

産後によく起こる不調の症状とは

産後に骨盤がゆがみを生じることでさまざまな身体の不調が生じます。
代表的な症状としては、肩こりや腰痛などの身体のコリや痛みが挙げられます。
骨盤にゆがみが生じると、筋肉バランスが悪くなることで腰や肩に余分な負荷がかかってしまいます。
しかも、赤ちゃんの抱っこや授乳など子育ては腰に負荷がかかることも多く、腰痛を引き起こしやすくなってしまいます。
また、骨盤の底には子宮や膀胱を支える骨盤底筋群がありますが、産後には骨盤底筋群が緩むことで膀胱や子宮の位置も変わってしまいます。
そのため、産後に便秘や尿漏れなどの不調が起こる方も多くなっています。
産後の不調は体質面だけではなく、体型にも現れることも多いでしょう。
産後も産前の体型になかなか戻らないという悩みや、下腹がぽっこり出てしまっている悩みは非常に多いものです。
こうした悩みも膀胱や子宮の位置が下がってしまっていることや、内臓の位置が下がることで代謝が悪くなってしまっていることなどが関係しています。

産後骨盤矯正で改善できること

産後骨盤矯正とは、出産によって緩みが生じた骨盤を産後に正しい位置へ戻すためにサポートする施術です。
出産すれば緩んだ骨盤は自然と元に戻ろうとするものですが、適切な位置に必ず戻るとは限りません。
むしろ、出産後はこれまでの生活に子育てなどが加わることで身体への負荷の掛かり方にも変化があり、骨盤も負荷がかかることで歪んでしまう恐れがあります。
産後骨盤が元に戻るまでには約6カ月の時間がかかると言われていますが、緩まった骨盤は産後から徐々に硬くなっていきます。
そのため、産後の柔らかい骨盤の間に骨盤を矯正することで、より骨盤を正しい位置に戻しやすいと言えます。
産後すぐは体力的にも消耗している状態ですので骨盤矯正を始めることが出来るわけではありませんが、産後から2カ月ほど経過してから骨盤矯正を始めることが理想的です。

産後は整骨院でケアしましょう

産後は子育てに追われてしまい、なかなか自分のケアまで行き届かないという方も少なくありません。
しかし、そのままケアせずに放っておけば慢性的な腰痛や肩こり、むくみなど不調に悩まされてしまうことになります。
くわの森整骨院では産後の骨盤矯正にも力を入れているので、産後の不調にお悩みの方はお気軽にご相談ください。
産後から時間が経過してしまっている場合でも骨盤矯正は可能です。


>>産後の不調は骨盤のゆがみが原因かも?!~腰の痛みについて詳しくはこちら

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


辛い腰痛にさよなら!仕事をしながらしっかり動ける身体にしましょう。
八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP
通院しやすいくわの森整骨院で身体のケアをしませんか?

TOPへ

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

成長期だから「しょうがない」と思っていませんか?子どもの長引く腰痛

   

小学校高学年から、徐々に運動強度が高くなり怪我の予防が重要となります。
なかには、成長期でも長引く腰痛に悩まされる場合があるのです。
八王子くわの森整骨院では、深層筋を整え、柔軟性を備えた怪我をしにくい身体づくりを目標に、施術や指導を行います。

<成長期における腰痛の原因は?>

小学校の高学年から身体の成長と共に、ぶつかり合うコンタクトスポーツなど、怪我をする機会が増えてきます。
さらに、身体機能が向上することで、これまで以上に動作時に負荷がかかりやすくなるのです。
例えば、ジャンプの際に大きく身体を反らしたり、捻ったりと勢いよく動くことで、身体に負担がかかることがあるでしょう。
中でも、注意が必要なのは腰痛で、一度腰部の怪我をしてしまうと慢性的に痛みに悩まされることも珍しくはありません。
成長期の腰痛の原因として、多くみられるのは「腰椎分離症・すべり症」です。

<腰椎分離症・すべり症>

腰椎分離症とは、腰椎の椎弓と呼ばれる部位が疲労骨折を起こし、腰椎が2つに分かれてしまう状態です。
練習量が増えると、脊椎に慢性的な負荷がかかり、骨折してしまいます。
そして腰椎分離症を治療せずに過ごすことで、年齢を重ねて腰椎すべり症に進行する可能性が高まるのです。
腰椎分離症・すべり症になると、腰痛や下肢に痛みが生じ、場合によっては痺れを伴うこともあるのです。
そのため、パフォーマンスや日常生活に支障をきたしてしまう恐れがあり、注意が必要な怪我のひとつです。

<成長期にこそケアが必要>

オーバーワークにもなりやすく、客観的な判断が必要な時期であり、成長期こそ身体のケアを行い、怪我を防ぐ事が大切になります。
ケアとしては、練習量を減らす事や柔軟性の向上や体幹の軸を整えるなどの基礎的なトレーニングにより、予防の効果が期待できます。
しかし、多くの場合には十分に身体のケアができていない子が多く、自分の身体の特徴を知り適切なケアを行う必要があるのです。

<専門家の評価に基づくケア方法の指導>

成長期において怪我を予防するには、身体の正しい使い方とケアの方法を知ることが必要です。
実際の動作に合わせて、どこの筋肉が作用しているか、あるいは筋肉の収縮や身体のイメージなど、状態に合わせた助言をしながらケアや指導を行います。
実際に施術者が徒手で、身体に抵抗を加えたりストレッチを行ったりして深層筋を調整します。
さらに、自宅でも継続して行えるケア方法を提案し、定期的に身体の評価を実施することで身体作りの方針を援助していきます。

<八王子くわの森整骨院では>

小学校の高学年から慢性的な怪我に悩み、パフォーマンスが十分に発揮できないこともあるのです。
まずは、柔軟性や深層筋を向上、調整し怪我をしにくい身体作りから始めることが大事で。
また、怪我をした場合でも適切な対応をすることで再発を予防する事が可能です。
努力を結果に結びつけるためにも、ぜひ一緒に身体づくりを行っていきましょう。


>>腰の痛みにお困りの方はこちらもどうぞ

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


成長期だからと痛みを我慢させていませんか?
トレーニングなど体のケアをすることで改善することが可能です。
八王子くわの森整骨院で症状をチェックして身体づくりをしてみませんか?

くわの森整骨院は八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP

TOPへ 

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

1 2 10