妊娠中の腰痛は少しの心がけでも対処できる?|八王子|整骨院

2021年11月25日    

妊娠中はさまざまな要因から腰痛の症状を発症する場合があります。

通常の腰痛の場合は、ストレッチや適度な運動が効果的ですが、自由に体を動かすことが難しい妊娠中に腰痛を発症した場合、一体どんな対処法があるのでしょうか。

そこでここでは、妊娠中の腰痛に効果的な日常生活の注意点について簡単にまとめてみました。

妊娠中の辛い腰痛を少しでも解消できるよう、まずはちょっとした心がけから意識してみましょう。

腰痛の妊婦さん

妊娠中でもできる腰痛への対処法

妊娠中は身体に多くの変化が起こるため通常の生活ですら大変な部分が増え、身体のメンテナンスどころではなくなる方も多いです。

そこで、生活の中で取り入れやすい腰痛への対処法についてご紹介します。

 

姿勢に気をつける

妊娠中の腰痛の原因のひとつに、姿勢の変化があります。

お腹が大きくなることでどうしても反り腰になりやすいので、できるだけ背筋をまっすぐに伸ばして正しい姿勢を心がけることが大切でしょう。

無意識に反り腰になってしまうので、下腹部に若干力を入れるイメージで、お腹の赤ちゃんを背中側に少し寄せるような感覚でひっこめると背筋がまっすぐ伸びます。

少し意識するだけでも反り腰の解消に役立つので、日常生活の中に取り入れるとよいでしょう。

眠るときの姿勢も大切

腰痛への対策には眠るときの姿勢も重要で、横向きになったときに上になる方の足や腕を軽く曲げて、横向きから若干うつぶせになるような通称「シムスの体位」と言われる姿勢は、腰の負担を軽減し身体の緊張を取る効果があるとされています。

妊娠中は体調を崩し横になる場面も多く、身体の緊張をほぐしリラックスして過ごせるシムスの体位を覚えておくとよいでしょう。

 

体を温める

妊娠中の腰痛では、身体を暖めて血流をよくすることで痛みが緩和されることがあります。

冬場の冷えはもちろんですが、夏場もエアコンにより身体が冷えすぎる場合があるので注意しましょう。

身体が芯から冷えやすい夏場にも、温かい飲み物を飲んだり毎日しっかり湯船につかることが大切です。

とくに入浴では、凝り固まった筋肉をほぐし緊張した身体をリラックスさせる効果もあります。

シャワーでは身体の表面しか暖まらないので、夏場でも身体を芯から暖め血流をよくするためにもしっかりと湯船につかる習慣をつけるとよいでしょう。

 

骨盤ベルトやサラシで腰を支える

お腹が大きくなり始めたら、骨盤ベルトの使用を検討する方も多いでしょう。

現在はマジックテープ式のものやガードルタイプのものがあり、締める方向も後ろから前方向に締めるもの(恥骨結合部を支える)や前から後ろ方向へ締めるもの(仙腸関節を支える)などさまざまな種類の商品が販売されています。

骨盤を固定できるベルトの使用は、腰回りを安定させる効果があるため腰痛への対処法としてももっとも取り入れやすい方法です。

現在は使用する方が減ってきているサラシですが、実はどのアイテムよりも骨盤帯を強く固定できるためおすすめです。

蒸れを防ぎ布生地で肌に優しい上に骨盤の強い固定ができるため、当院の骨盤矯正では積極的にサラシを使用しています。

 

腰に負担がかかる行動を避け腰痛を回避しよう

妊娠中の辛い腰痛が起こってしまうまえに、できる対策を行うことで事前に腰痛を回避できることもあります。

生活の中のちょっとした動きを工夫するだけでも腰への負担を大幅に軽減できるので、腰痛を発症する前にできる対策を心がけましょう。

意識するだけでも腰への負担を軽減できる習慣は以下のようなものがあります。
同じ姿勢を長時間続けない
動くときはゆっくりと動く
持ち上げる動作の前は一旦しゃがむ
靴はヒールの低いものを選ぶ
などなど…

妊娠中はお腹が大きくなり体重も増えるため、長い時間同じ姿勢でいたり通常時と同じような行動をとっているだけでも腰への負担がかかってしまいます。

また、安定感のある靴を選ぶことでも腰への負担が軽減できるので意識してみましょう。

 

妊娠中の適度な運動も大切

妊娠中は身体に起こるさまざまな変化から、あらゆる箇所への不調を感じることがあります。

腰痛の症状もそのひとつですが、継続した適度な運動はストレス発散にもなり心と身体のリラックスにもつながるため、妊娠中でも継続できるといいでしょう。

適度な運動を続けることで腰痛の予防・解消が期待できるうえ、妊娠中に起こりやすい肩こりや便秘の予防・解消にも効果が期待できます。

また、出産時に必要な体力を維持したり、体重の増加スピードを穏やかに抑えたり、妊娠中の生活にとってのメリットも多いです。

妊娠中でもできる運動には、エクササイズやストレッチ、妊婦体操やマタニティーヨガなどがあり、八王子くわの森整骨院でも医師・助産師から適度な運動を許可・推奨されている方に限り、妊娠中でもできる効果的なストレッチやエクササイズなどの指導を行っています。

また、負荷がかかっている場所を把握し、日常生活の習慣を少し意識するだけでも腰痛の症状を予防・軽減できるので、お気軽にご相談ください。

 


>>妊娠中の腰痛は少しの心がけでも対処できる?

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


しぶとい腰痛は放っておいてもよくなりません!毎日痛いのを我慢するよりも
一度八王子くわの森整骨院で症状をチェックしてみませんか?

くわの森整骨院は八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP

TOPへ 

     

日常生活の中で動きにくさや痛みを感じている方へ|八王子|整骨院

2021年11月14日    

 

日常生活の何気ない動作で身体に動かしにくさや痛みを感じているという方も多いでしょう。
洗い物や掃除、ゴミ捨てなど日常の何気ない行動でも筋肉は疲労してしまい、動かしにくさや痛みが生じてしまうものです。
ここでは、日常生活の中で生じる動かしにくさや痛みの原因や対処法についてご紹介します。

洗濯物

動かしにくさや痛みが生じる原因

身体の動かしにくさや痛みが生じる原因の多くは、筋肉の疲労が関係しています。
とくに大したことはしていないのに筋肉が疲労するわけがないと考える方もいるかもしれませんが、私たちは日常生活の中で少しずつ筋肉に疲労を蓄積させています。
洗い物や掃除などの家事だけではなく、物を拾う、荷物を持つ、デスクワークなどで同じ姿勢を続けるなど些細なことでも筋肉には負担がかかっているのです。
筋肉に負担がかかれば少しずつ疲労してしまい、筋肉が硬くなってしまいます。
そのため、動かしにくさが生じるのです。
また、筋肉が硬くなれば血管が圧迫されるため、血流が悪くなることで疲労物質が溜まりやすくなることで痛みが生じやすくなります。

動かしにくさや痛みが生じやすい身体の部位とは?

動かしにくさや痛みが生じやすい代表的な身体の部位は、肩と腰です。
それぞれの部位はどのような動作の影響を受け、痛みや動かしにくさが生じているのでしょうか?

①肩
肩は腕に繋がっているため、肩の筋肉が疲労すれば肩だけではなく腕に動かしにくさも生じるでしょう。
洗濯物を干す動作やつり革を持つ動作などで痛みが動かしにくさを感じるはずです。
痛みが強い場合には、四十肩・五十肩が生じている可能性があります。
肩の痛みや動かしにくさは日常的な不良姿勢や、偏った筋肉の使い方が原因で発生します。

②腰
掃除や洗い物などずっと立ったままでいることや、デスクワークなどで同じ姿勢が続くと腰に痛みや重さを感じる方もいるでしょう。
腰は身体の土台部分になるので常に負担がかかっている部分ですが、日常の不良姿勢や重い荷物を持つなど腰に負担のかかる動作をすることで筋肉に疲労を蓄積させてしまいます。

身体の動かしにくさや痛みへの対処法

日常生活の中で身体の動かしにくさや痛みが生じた場合には、次のような対処法を試してください。

①痛みが強い時は休める
痛みが強く出ている場合には、炎症を起こしていると考えられます。
この場合には無理に動かさずに安静にするようにしましょう。
どうしても家事などのために動かす必要がある場合には、テーピングやコルセットなどを使用して痛み出ている箇所が動かないように固定してください。

②柔軟性を高める
動かしにくさや軽度の痛みの場合には、疲労して硬くなった筋肉をほぐしましょう。
筋肉がほぐれて柔軟性が高まれば、血行も促進されるので疲労物質が流れることで痛みが緩和され、動かしやすくなります。
柔軟性を高める方法はストレッチが効果的ですが、入浴などで温めた後にセルフマッサージでほぐしてからストレッチをすると一層柔軟性を高めやすいのでおすすめです。

③筋力を高める
加齢や運動不足で筋力が低下すれば、筋肉は負担を吸収しやすくなってしまいます。
日頃からウォーキングやエクササイズなどの適度な運動や、無理のない程度に筋トレを行って筋力を高めましょう。

整骨院で痛みや動かしにくさは改善できます

自力でストレッチや運動が難しい場合や、筋肉がこり固まってしまっている場合には、整骨院へご相談ください。
手技で硬くなった筋肉をほぐし、一人では難しいストレッチもサポート致します。
十分に筋肉の柔軟性が取り戻せたら、身体のゆがみを調整することで痛みや動かしにくさが生じにくい身体作りを行います。

を受けていただけます。


>>日常生活の中で動きにくさや痛みを感じている方へ

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


「治るのをあきらめて」いませんか?
痛む身体を本当に気遣えるのはあなただけです。

八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP
通院しやすいくわの森整骨院で身体のケアをしませんか?
TOPへ

     

姿勢が悪いと腰痛になる!?知っておきたい子どもの腰痛 |八王子駅|整骨院

2021年10月30日    

近年の生活習慣や食生活の変化によって、子どもの骨格や体形が変化していることをご存じでしょうか。

この変化にともなって、腰痛を訴える子どもさんがとても増えています。

初めての腰痛で症状をうまく伝えられない子どもさんも多いため、少しの変化を大人が見逃さないことがとても重要です。

日々の習慣が原因となる腰痛も非常に多いので、子どもさんが腰痛を訴える前に気を付けたい習慣についてお話していきます。

スマホと男の子

大人の腰痛と子どもの腰痛の違い

子どもは大人と違って、身体の柔軟性が高く筋肉疲労の蓄積もそれほど多くない場合が大半す。

ですから通常は、多少腰の痛みを感じても数日ですぐに治ってしまいます。

では、子どもが訴える腰痛にはどのような特徴があるのでしょうか?

今回は、日常のちょっとした習慣が原因で発症する腰痛ついて解説していきます。

 

子どもが腰痛を発症しやすい習慣

通常、子どもははなかなか腰痛を発症しないとされていますが、子どもが腰痛を発症しやすい習慣がいくつかあります。

今回は、その中でもご相談の割合が多く、大人が気を付けてあげやすいものについてご紹介します。

腰が反りすぎている

小学校高学年くらいまでの子どもさんは、腰が反りすぎている場合が意外と多いです。

しかし通常は成長とともに徐々に矯正されていくので、腰痛を訴えていない場合はあまり心配しなくてもよいでしょう。

ただしすでに腰痛を訴えている場合は、早めに一度カウンセリングを受けていただくことをおすすめします。

スポーツなどで腰の曲げ伸ばしやねじるような動作を繰り返すことが原因となって、腰痛を発症している可能性もあるためです。

これらは、以前のブログでお話しした「腰椎分離症・すべり症」の原因となる可能性もあるため、早めに身体のメンテナンスを行うとよいでしょう。

猫背

スマートフォン・タブレット端末・パソコンなどが子ども達の世代にも普及していく中で、子どもの猫背を心配する方が増えています。

子どもは大人よりも身体が柔らかく体幹の筋力もまだ弱いため、ちょっとした習慣の変化でもすぐに猫背の姿勢になってしまうことから、周りの大人も違和感を感じやすいのでしょう。

しかしこれから矯正される子ども世代の場合は、反りすぎた腰と同様にあまり心配しなくてもよい場合が多いです。

ただし、勉強やゲームなどで長時間座りっぱなしになってしまったり、背中周辺から腰に掛けて痛みを訴えている場合は、一度カウンセリングを受けていただくことをおすすめします。

姿勢が矯正される成長期に猫背の体勢が固定されてしまうと、早い場合は中学生くらいから慢
性的な肩こりや腰痛を訴え始める子どもさんがいます。

子ども時代に猫背が固定されてしまうと、大人になってから矯正しようとしても対処が難しくなるので、子どもの頃から正しい姿勢を身体に覚えさせておくことが大切です。

 

子どもの腰痛予防には正しい姿勢が大切!

一般的に5~12歳の期間は「ゴールデンエイジ」と呼ばれ、身体能力や運動能力が爆発的に発
達する時期と言われています。

この期間に悪い姿勢が身体に記憶されてしまうと、あとから矯正し直すのに時間がかかる場合
が多いです。

逆に、子ども時代は正しい姿勢を身体に記憶させるには最適な時期ともいえるので、周りの大人も注意して見守ってあげられるとよいですね。

 

正しい姿勢を身に着けるために

これまで子どもの腰痛の原因となる反り腰や猫背についてお伝えしてきましたが、姿勢が悪く
なってしまう原因として、体幹の筋力が弱いために反り腰や猫背になってしまう子どもさんも多くいらっしゃいます。

日常生活の様々な動きの中で自然に体幹の筋力が強化されていくものです。

しかし、横になっている時間や座っている時間が多い子どもさんの場合は、うまく体幹の筋力がつかずに悪い姿勢が習慣化してしまう場合があるので注意が必要です。

また、場合によっては骨盤がずれてしまうことで悪い姿勢になってしまう子どもさんもいらっしゃいます。

正しい姿勢を身に着けるために最も必要なことは、「正しい姿勢を知ること」です。
子ども時代は身体の柔軟性も高く、これから姿勢が矯正される大切な時期ですから、まずは正しい姿勢を知ることが大切です。

 

八王子くわの森整骨院では

正しい姿勢の重要性はおわかりいただけたと思いますが、専門的な知識がない大人が子どもの
身体をケア・指導していくのは大変危険です。

成長期の子どもは、たとえ間違った姿勢でも柔軟に対応できてしまいます。
子ども時代に覚えてしまった姿勢を大人になってから矯正するのは非常に大変ですので、専門
家の指導のもと、正しい姿勢を学びましょう。

八王子くわの森整骨院では、現在の身体の状態を把握し、その状態に合わせたケア・指導をしながら上手な体の使い方やケア・トレーニングの方法などのアドバイスも行っています。

様々な場面で最高のパフォーマンスを発揮できるよう、子ども時代にこそ、正しい姿勢を身につけていきましょう。

 


姿勢が悪いと腰痛になる!?知っておき たい子どもの腰痛
柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


なかなか良くならない腰の痛み。
時間が経てば治るだろうとそのままにしていませんか?

八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! >>MAP
痛みの原因を明らかにし「再発させないように」しませんか?
>>TOPへ

     

筋肉のコルセット「腹横筋」とは?|八王子駅|整骨院

2021年09月26日    

腰痛で悩んでいる方で、コルセットや腰バンドを使う方も多いでしょう。人間には、そのコルセットや腰バンドのような役割を担う「腹横筋」という筋肉があります。今回は、腹横筋について詳しくご紹介していきます。

姿勢強制

腹横筋とは

腹横筋は、腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋とともに腹壁をつくっています。その中でも最深部(内臓に近い内側)であり、インナーマッスルやローカル筋と呼ばれることがあります。

上は第6肋軟骨から、下は腸骨稜・恥骨結合まで。腹横筋は非常に広い筋肉で、私たちが普段「胴体」と認識する範囲すべてといっても過言ではないでしょう。

上部・中部・下部と分けることができ、筋肉の走行と役割が違います。上部は横方向に走行していて比較的分厚くできており、中部と下部は下内方にやや斜めに走行している薄い筋肉です。上部は胸郭を安定させ、中部は腰、下部は骨盤をそれぞれ安定させ、支えています。

腹横筋の役割

腹横筋をはじめとするインナーマッスルは、予測的姿勢制御に重要な役割があります。予測的姿勢制御とは、手を上げるなど動作時に、バランスを崩さずに安定した動作が行えるよう、動作前にあらかじめ筋肉を収縮させておくことです。腹横筋が働いて体幹を安定させることで、手足を上手く動かすことができます。

そして体幹を安定させるというのは腹腔内圧(腹圧)を安定させることでもあります。インナーマッスルが弱くなっていると、腹圧がかかる動作(重たい物を持つ、激しい運動をする、くしゃみをするなど)で体幹を安定させることができず、お小水が漏れてしまうなどのトラブルに繋がりかねません。また、内臓が下がることで「ぽっこりお腹」の原因になったり、腰や骨盤が安定せずラクな姿勢を続けることで姿勢不良になったりします。

腹横筋をはじめとするインナーマッスルを鍛えることで、腹腔内圧を高め、体幹を安定させることができます。これが、腰痛の予防や改善に重要なポイントとなります。

腹横筋を上手に働かせるには

腹横筋は、お腹の周りを包むように左右対称に広がる筋です。骨盤のゆがみ、不良姿勢、猫背などでは腹横筋の一部が緩んだり縮んだりしてしまい、上手く働くことができません。また、腹腔内圧は背伸びで上昇するといわれています。つまり、猫背のように丸まった姿勢ではなく、堂々と前を向き背筋が伸びた姿勢で腹横筋は働いてくれるのです。

体幹の安定化を目指す上で、腹横筋だけの力では不十分な面もあります。腹腔内圧を高めるためには、後方を支える「多裂筋」や、下面を支える「骨盤底筋群」や、上面を支える「横隔膜」の役割も重要です。これらもインナーマッスルであり、腹横筋とともに「内臓のお部屋」をつくっています。腹横筋だけ収縮しても、他のインナーマッスルが弱ければ、圧が逃げてしまい、腹腔内圧は高まらず体幹は安定しないのです。

これらのインナーマッスルは左右対称のため、身体のゆがみによって筋肉のアンバランスは出現してしまいます。腹横筋を上手く働かせようと思えば、姿勢はとても重要なのです。

身体のゆがみは整骨院へご相談ください

良い姿勢をとろうと意識してみても、そもそもの柔軟性がなければ難しいことが多いです。とくに長い間のクセがついていると、筋肉は硬くなっています。硬い筋をほぐさずに無理に姿勢を変えようとすると、他のところに負担が来てしまう可能性も。姿勢を改善するには、お風呂上がりにストレッチをするなど、ほぐすことから始めてみてください。

もし「自分の姿勢がどうなっているか分からない」「自己流では不安」などの心配事がございましたら、八王子駅から徒歩5分「くわの森整骨院」にご相談ください。

参考文献
「体幹機能障害の分析および治療 著)齋藤昭彦 理学療法科学 2007」
「EBPTに基づいた腰痛症治療と今後の課題2008 著)伊藤俊一 理学療法-臨床・研究・教育 2008」
「体幹運動による腹横筋の筋厚変化-上・中・下部線維別検討- 著)森奈津子,池添冬芽,市橋則明 体力科学 2011」
「骨盤底筋群機能障害に対する評価とアプローチ 著)田舎中真由美 理学療法学2008」
「体幹の機能障害における胸郭のかかわり 著)柿崎藤泰 理学療法学 2016」
「骨盤帯 臨床の専門的技能とリサーチの統合 著)Diane Lee 医歯薬出版株式会社 2013」
「ウィメンズヘルスと理学療法 編)石井美和子,福井勉 三輪書店 2016」
「骨盤帯との関連で生じる腰部疾患の機能解剖学的病態把握と理学療法 著)隈元庸雄,世古俊明,国分貴徳 理学療法 2015」

 


>>「筋肉のコルセット「腹横筋」とは?」ほか腰の症状のブログはこちらから

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


辛い腰痛にさよなら!仕事をしながらしっかり動ける身体にしましょう。
八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP

通院しやすいくわの森整骨院で身体のケアをしませんか?
TOPへ

     

妊娠中の腰痛、原因をサクッとまとめました!|八王子|整骨院

2021年09月24日    

妊娠中は、妊娠直後から出産直前までさまざまな理由で腰痛を発症することがあります。

なかなか身体を自由に動かせない妊娠中は少しの運動でもとても大変でおっくうになりがち。

重ねて腰痛も発症してしまい、せっかくの妊娠期間中を楽しく過ごせないと感じる方も多いと聞きます。

そこでこの記事では、妊娠中に起こる腰痛の原因について簡単にまとめてみました。

人生の大きなイベントである出産に向けて、妊娠期間中を有意義に過ごし楽しい時間とできるよう、ぜひ参考にしてみてください。

妊婦さん

妊娠中の腰痛、その原因とは

妊娠中に発症する腰痛の原因として、体重の増加をイメージする方が多いのではないでしょうか。

しかし実際のところ、妊娠中の腰痛の原因は体重の増加によるものだけではないのです。

妊娠中の腰痛の原因とされるものを以下の通りまとめました。

  • 反り腰
  • ホルモンの作用
  • 体形の変化
  • 下半身の血行不良
  • 心理的不安

ここでは、それぞれの原因について詳しく解説します。

反り腰

妊娠中期・後期に入ってくると、少しずつお腹が大きくなってきますよね。

お腹が大きくなることにより身体の重心は前に移動するため、妊娠中期から後期にかけての妊婦さんは、上半身を後ろに反らせてバランスを取る姿勢に徐々に変化していきます。

このように上半身を後ろに反らせた姿勢を【反り腰】と言い、背中や腰に大きな負担となる姿勢としても有名です。

妊娠中期から後期にかけてお腹が大きくなってきた妊婦さんの腰痛は、反り腰の姿勢が原因となる場合があります。

ホルモンの作用

妊娠中はホルモンの分泌についても通常時との違いがあり、妊娠した女性は胎盤や黄体から女性ホルモンの【リラキシン】が分泌されるようになります。

リラキシンは月経前と妊娠3か月~産後2、3日に分泌される、女性ホルモンの一種です。

このリラキシンが腰痛を引き起こす原因とも考えられており、それはリラキシンの働きに理由があるとされています。

リラキシンは、母子ともに出産に耐えられるように産道周辺の靭帯を緩める働きがあり、左右の恥骨が合わさる恥骨結合を特に緩める効果のある女性ホルモンです。

恥骨結合部が緩むだけでなく、リラキシンの分泌により身体中の靭帯が緩んでしまうため、身体中の筋肉や間接に負担が増え、特に腰や肩に痛みを発症することが多くなります。

体形の変化

お腹の赤ちゃんが大きく育ってくる妊娠中期から後期にかけての期間は、妊婦さん自身の体重増加が進む期間とも言えます。

体重が増加した結果、主に腰の周辺にある靭帯や筋肉、関節などに通常時よりも多くの負担がかかるため、腰痛を発症することがあります。

また、腰痛以外では背中、足の付け根、お尻や太ももなどに痛みの症状が出る場合もあるので覚えておくとよいでしょう。

下半身の血行不良

赤ちゃんも大きく育ちいよいよ出産まであと一歩となる妊娠後期には、大きくなった赤ちゃんがお腹や骨盤内の血管を圧迫するようになります。

このため下半身の血行不良が起こりやすくなり、血流が悪くなることが多いです。

下半身の血流が悪くなった結果、腰や下肢が冷えてしまい腰痛を発症する場合があります。

心理的不安

妊娠中はお腹の赤ちゃんの様子が目で確認できないため、赤ちゃんの発育に関する不安がつきものです。

また、初産婦・経産婦に関係なく出産に対する不安も大きいでしょう。

このような心理的な不安を抱えながら過ごすことになる妊娠期間中は、自律神経のバランスが乱れる場合が多いです。

自律神経のバランスが乱れると胃腸に影響を与え、胃痛の症状を訴える妊婦さんも多くいらっしゃいます。

一見、腰痛とは関係のなさそうな胃痛の症状ですが、胃の裏側には背中の神経が通っているため、場合によっては背中の神経を通じて腰まで痛みの症状が広がるので注意が必要です。

結果的に腰まで広がった胃腸関連の不調を、腰痛の症状と感じるのです。

我慢できない腰痛は病院に相談!

妊娠中の腰痛にはさまざまな要因が絡んでいる場合があります。

そのため、家事ができない・仕事ができない・上の子の面倒が見られないなど、日常生活に支障が出るような痛みの症状が続く場合は、まず産婦人科の医師に相談するようにしましょう。

中には、痛みはしっかり感じているのに、具体的にどの部分が痛むのか区別が付かないという場合があります。

そのため、『腰痛の症状だと思っていたのに実はお腹の痛みだった』という可能性もあるので注意が必要です。

妊娠・出産に関する専門医はあくまでも産婦人科医ですので、腰痛の症状を感じたらまず産婦人科医に相談し、整骨院での施術について確認してみましょう。

ストレッチや体操などで適度な運動を取り入れることで、腰痛の症状に改善がみられる場合もあります。

八王子・くわの森整骨院では妊娠中の腰痛についてのアドバイスも行っていますので、お気軽にご相談ください。

 


>>腰の痛みにお困りの方はこちらもどうぞ

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


しぶとい腰痛は放っておいてもよくなりません!毎日痛いのを我慢するよりも
一度八王子くわの森整骨院で症状をチェックしてみませんか?

くわの森整骨院は八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP

TOPへ 

 

 

     
1 2 11