むち打ちが後からやってくる理由とは?|八王子市|整骨院

   
むち打ちがあとからやってくる理由とは?
むち打ちは、交通事故による怪我の中でも最もメジャーなものとされています。しかし、その一方で、初期に自覚症状が薄くあとから痛みを感じるケースが多いです。その理由をご紹介します。
■そもそもむち打ちとは?
むち打ちとは、頚椎、つまり首の部分が捻挫を起こすことを指します。捻挫とは、関節を支える靱帯や関節包と呼ばれる箇所がダメージを負った状態です。これにより、肩や首に重さやだるさを感じたり、頭痛を引き起こしたりします。場合によっては、自律神経の損傷や脊髄の根元である神経根にダメージが及ぶ場合もあり、決してあなどれません。いずれにせよ、医療機関や整骨院による治療・施術が必要です。
■むち打ちの痛みは遅れてやってくる
冒頭でもお話ししたとおり、むち打ちの症状は交通事故からしばらく経った後に起こることが珍しくありません。事故直後には痛みがなく、数日から1週間後、場合によっては1ヶ月経ったあとに違和感を覚えることがあるのです。そこには、交通事故のむち打ち双方の性質が起因しています。
■むち打ちの痛みが遅れる理由は交通事故による心理状態
むち打ちの痛みが遅れる理由は、事故直後の心身の状態にあります。事故直後はアドレナリンが分泌し興奮状態になるともともに、体が緊急事態モードに入ります。事故というエマージェンシに対して痛みを邪魔な感覚だとシャットダウンし、どのような状況でも動けるように準備するのです。このメカニズムから事故直後は痛みをあまり感じなくなります。そして、さまざまな手続きや対処が終わり、心身が落ち着いた頃にようやく痛みを覚えることになるのです。
■表面的な症状が出にくいのも要因の1つ
アドレナリンが働いて痛みを感じにくくなっているのは、事故ならばどのような怪我でも同じです。その中でもむち打ちの自覚症状が薄いのには、傷や骨折とは異なり表面的な症状が出にくい点が大きな要因として挙げられるでしょう。自覚症状が軽微な場合、「これくらいの痛みはつきものだよね」と無視してしまうケースもあります。結果、むち打ちの判明が遅れてしまうのです。
■むち打ちの症状
むち打ちの症状は痛みだけではありません。さまざまな神経が集まる首にダメージを負っているのですから、多種多様な症状を引き起こします。次のような感覚や症状を覚えたらむち打ちになっているかもしれません。
・手足がしびれる
・発熱がある
・目がかすむ、視力が落ちる
・吐き気、胸焼けがする
むち打ちの痛みや違和感は、首だけでなく背中や手足に及ぶことがあります。ただの打ち身だと思っていたら実はむち打ちだったという可能性もあるのです。
■むち打ちが後からやってきた場合の対処法
交通事故から時間が経って自覚症状が表われたら、早急に医師の診察を受けてください。まずは整形外科が良いでしょう。時間が経っているだけに症状が重くなっている可能性もあります。「本当に交通事故が原因かな?」「いまさら受診するのも格好がつかない」「当時の状況をよく覚えてない」と躊躇すると、さらなる重大な疾患の原因にもなりかねません。不安を感じたらまず受診することが大切です。
■まとめ
むち打ちをはじめとした交通事故の怪我は、治療が遅くなると重大な疾患につながる恐れがあります。また、怪我と事故との因果関係が証明しづらくなるため、慰謝料なども受け取れなくなる可能性があるのです。これらの問題を未然に防ぐためにも、何はともあれ真っ先に専門家の判断を仰ぐようにしましょう。
柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修
——————————————————————————-
連休多数 社会保険制度充実!
八王子で柔道整復師をめざすならくわの森整骨院!

top


——————————————————————————-

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

交通事故治療にかかる期間はどれくらい?|八王子|整骨院

   
交通事故治療のご相談は八王子くわの森整骨院までどうぞ。交通事故に遭って怪我をしてしまった際、気になるのはどれくらいの期間で完治できるのかという点ではないでしょうか。交通事故による主な症状と治療期間をご紹介しますので目安にしてみてください。
交通事故に遭って怪我をしてしまった際、気になるのはどれくらいで完治できるのかという点ではないでしょうか。怪我をしていると公私ともに大きな負担となりますので、どの程度の期間で元の状態に戻れるのか把握しておきたいものです。交通事故による主な症状と治療期間をご紹介しますので目安にしてみてください。
■交通事故の怪我の種類は?
交通事故では、大きな衝撃が体のさまざまな箇所に加わることでダメージを受けます。それにより負う可能性のあるけがは多岐にわたります。
・骨折
・打撲
・頭痛
・擦り傷など外傷
・視力低下
・脊髄損傷
・内臓損傷
・歯の欠損
・捻挫
・全身の倦怠感 などなど・・・
これらの中でも、最も多く見られるのが「打撲」「むち打ち(捻挫)」「骨折」の3つです。この3つは保険会社でも「DMK(打撲・むち打ち・骨折)」の略称で通っているほど交通事故ではメジャーな疾患となっています。頭痛や倦怠感などもこれらDMKの副次的な症状として表れるケースが少なくありません。そこで、ここではこのDMKを取り上げて治療期間をご紹介したいと思います。
■打撲の治療期間は1週間~2週間
打撲とは、いわゆる打ち身のことです。打撲をすると皮下組織で出血をおこし皮膚が青黒くなり腫れてきます。打撲は交通事故の怪我では比較的軽微なものですので、湿布や包帯などでしっかりと処置を行えば1~2週間程度で完治します。ただし、症状によっては1ヶ月から1年程度必要なケースもあり、決して軽く見ることはできません。また、一見打撲のようでも、実は捻挫や骨折のような重い症状だったというケースもあります。ただの打ち身と軽く考えず、初期段階で専門家の診察を受けることが大切です。整骨院では、マッサージ・電気治療のほか、患部の冷却や加温などにより痛んだ組織の回復を図ります。また症状によっては鍼灸治療を行うこともあります。
■むち打ち(捻挫)の治療期間は3ヶ月前後
むち打ちは、交通事故で負うけがの中でも最も多い症状です。むち打ちとは正式な病名ではなく、頚椎、つまり首の部分が衝撃でむちのようにしなり損傷を受けた状態の総称を指します。むち打ちの中でも特に多い診断が頚椎の捻挫です。自覚症状としては、痛みのほかに首・肩の重さ、だるさなどが感じられるでしょう。むち打ちが完治するまでの期間は、だいたい3ヶ月前後となるケースが多いです。ただし、度合いによっては1年以上症状が続くこともあります。
整骨院では、押す・もむ・叩くなどの手技療法のほか、マッサージ・電気治療・温熱療法などにより患部機能や血流の改善を図ります。
■骨折の治療期間は数ヶ月~半年
骨折の治療期間は、骨折した箇所や症状の度合いによって異なります。交通事故では手足などの末端部のほか、ハンドルに顔をぶつけて骨折する可能性があります。また、胸部で内臓を守る肋骨の骨折も多く、エアバッグの衝撃で折れるケースも珍しくありません。一般的には、骨折した箇所のズレや動きが小さいほど骨はくっつきやすくなります。完治までの期間は、数ヶ月から半年程度を目安とすることが多いです。
整骨院では、骨折した骨を元に戻す処置(整復)や、日常生活に戻れるように訓練を行うリハビリのサポートなどを行います。
■まずは医師の診断を受けましょう
事故による症状を診断するのは医師の役割です。慰謝料など保険会社との交渉も医師が発行する各種診断書が必要になります。どの手続きにも医師の許可が必要ですので、まずは整形外科を受診してから整骨院に来院するようにしてください。
■まとめ
ご紹介した治療期間はあくまで目安です。症状の度合いとともに、初期段階でいかに効果的な治療や施術を受けられるかで完治するまでの期間は大きく変わります。整骨院では、医療のサポートとして、お悩みのご相談や治療とともに痛みやストレスの緩和、リハビリのサポートを行っております。たとえ自覚症状はなくとも、事故に遭われた際はひとまず受診することをおすすめします。
柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修
——————————————————————————-
交通事故の治療事例多数!夜19:30まで受付
八王子くわの森整骨院では交通事故治療のお悩みをサポートさせていただきます

top


——————————————————————————-

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

ベストな整骨院の選び方は?|交通事故治療|八王子市

   
あなたにベストな整骨院の選び方は?
交通事故治療は八王子くわの森整骨院にお任せ下さい。良い整骨院を選ぶことは、治療をスムーズに進め早期の回復を図るうえでとても大切です。あなたにとってベストな受診先を選ぶためのポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。
良い整骨院を選ぶことは治療をスムーズに進め早期の回復を図るうえではとても大切です。そこで大切なのが、良い接骨院とはどのような特徴があるのかを知ること。あなたにとってベストな受診先を選ぶためのポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。
■整骨院と整体院の違いは?
整骨院と整体院。名前は似ていますが施術の目的や内容は異なりますので、用途によって選ばなければなりません。
整体院は、肩の痛みや腰痛などの緩和や体のバランスを整えるための施術を行います。整体師には特に資格などは必要ありません。整体師によって用いる施術方法も異なります。
一方、整骨院は打撲や脱臼などのケガや疾患を治療することを目的としており、接骨院と呼ばれることもあります。施術は柔道整復師という国家資格の所持者が行い、手順を踏めば健康保険を使うことも可能です。
大雑把に区別すれば、事故などによる怪我は整骨院、慢性的な痛みは整体院が担うといえるでしょう。もちろん、交通事故の疾患に対応可能な整体師もたくさんいらっしゃいます。とはいえ、事故にあった直後は原則的に整骨院を受診されることもおすすめします。
■よい整骨院の見分け方 ①しっかりと話を聴いてくれる
整骨院の中には、話もそこそこにすぐ治療を始めてしまう整骨院もいらっしゃいます。治療法はある程度確立されているため、それでも一定の効果は見込めるかもしれません。とはいえ、具体的な状況は患者さんによって十人十色。最も効果的なアプローチもそれぞれ異なります。したがって、ヒアリングに時間をかけ、しっかりと状態を把握する整骨院の方が最短距離での回復につながるのです。とはいえ、整骨院側としてはひとりの患者に時間をかけるほど治療できる人数が少なくなり、収益が落ちてしまうのも事実。だからこそ、時間をかけて話を聴いてくれるのは患者さんを第一に考えてくれる整骨院である証明となるのです。
■よい整骨院の見分け方 ②施術方法をしっかり説明してくれる
患者さんは、怪我をして体だけでなく気分も落ち込んでいるときに来院されます。どのような施術や治療をされるのかとても不安になるでしょう。ですから、担当する施術師がどのような治療を行うのかしっかり説明することはとても大切です。患者さんに治療についてしっかりと理解してもらうことは、不安を和らげるだけでなく施術をスムーズに進めることにもつながるからです。治療法についてわかりやすく説明し、質問にも真摯に応じてくれる整骨院は、施術事態の質も高いです。
■よい整骨院の見分け方 ③通いやすい立地と時間帯である
接骨院は、身体に不調が生じた状態で通うことになります。ですから、駅から遠かったり、坂の上にあったりするような接骨院の場合、通院するだけで体に負担がかかってしまい良くありません。また、働きながら通院することになるケースも多いでしょう。負担にならない立地にあり、なおあかつご自身が通える時間帯に対応可能な接骨院であるかどうかも治療では大切な要素です。
■よい整骨院の見分け方 ④口コミを確認する
整骨院のホームページを見れば、ある程度の方針や雰囲気を把握することは可能です。とはいえ、やはり良い面ばかりが強調されているのも事実。本当の姿を知ることはなかなか難しいでしょう。そこで、活用したいのが口コミです。口コミは利害関係の伴わない純粋な評価と実体験が盛り込まれていますので、整骨院を選ぶ上でとても参考になります。最近では口コミサイトだけでなくFacebookやTwitterなど気軽に投稿できるSNSにも評判が載っていることもあります。もし、余裕があれば色々な口コミサイトやSNSを確認し、治療する場所を判断すると良いでしょう。
■まとめ
以上、接骨院選びで大切なポイントをご紹介しました。実際に整骨院を受診するとなったときは悠長に選んでいる余裕はないかもしれません。しかし、整骨院選びは良い治療を受けて一刻も早く社会復帰するために大切な要素です。「いつか通うことになるかもしれない」と日頃から考え、事前にリサーチしておくことが万が一の備えになるのではないでしょうか。
柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修
——————————————————————————-
交通事故の治療事例多数!夜19:30まで受付
交通事故治療のご相談は八王子くわの森整骨院までお気軽にお問合せ下さい!

top


——————————————————————————-

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

交通事故に遭ってしまったら|八王子市|整骨院|治療|対応

   

「交通事故に遭ってから整骨院で治療するまでの流れ」

交通事故治療は八王子くわの森整骨院まで!交通事故に遭った時に正しい対応をしていないと後々のトラブルにつながってしまいます。今回は事故に遭ってから整骨院で治療を行うまでの流れをご説明します。 

交通事故に遭ってしまった時の正しい流れをしっかり把握していますか?やっておくべきことを逃してしまうと後々トラブルに発展して余計なストレスをためることになってしまいます。そこで今回は、交通事故に遭ってから整骨院に通うまでの正しい流れについてご説明します。事故では冷静でいることが難しい分、どうしたら良いか日頃から確認しておくことがいざという時の正しい対応につながるでしょう。

 ■①負傷者の救護

交通事故に遭ったら、まず自分や相手方の車に怪我人がいないかどうか確認し、必要に応じて救急車を呼びます。また二次事故が起きないよう、発煙筒やハザードの設置も忘れずに行いましょう。

 ■②警察への連絡

交通事故が起きた際には、たとえ大きな怪我がない軽微な場合でも必ず警察を呼んでください。理由は2つあります。

 1.交通事故の警察への届け出は義務であること

2.事故証明書類の交付を受けること

 ①だけでも理由としては十分なのですが、今後の治療のことを考えると②は大きな意味を持ちます。人身事故の場合、実況見分と呼ばれる警察の捜査が入ることで、事故の詳細な状況が記録され、実況見分調書および交通事故証明書という書類が作成されます。これらの事故証明がないと、保険金の支払いが遅れたり、最悪支払われなくなったりする可能性すらあります。事故に遭って怪我をして、その上治療費まで身銭を切らなくてはならないという事態にならないよう、必ず警察を呼ぶようにしましょう。

 ■現場の状況の確認

警察の実況見分で相手方と見解の相違があった場合、物証がないとどちらの意見が正しいか水掛け論になりかねません。そこで事故の状況を客観的な資料として記録できるよう、あらゆる場所をスマートフォンなどのカメラで撮影しておくことをおすすめします。目撃者がいれば、お願いして連絡先を控えておくと良いでしょう。第三者の証言は重要な判断材料となります。

 ■警察の実況見分

警察が到着した後の実況見分では、当事者として状況を説明する必要があります。この実況見分は過失割合の決定にも大きく影響するため、はっきりと自分の意見を述べることが大切です。また現場の写真を撮影していれば必要に合わせて提示すると良いでしょう。

 ■保険会社への連絡

いったん状況が落ち着いたら、自分が加入している保険会社へ連絡を取ります。相手の保険会社と示談交渉をしてくれますし、契約内容によっては治療費や弁護士費用が補償される場合があります。この時に整形外科や整骨院に受診する旨を伝えておき、気をつけるべき点を確認しておくと良いでしょう。

 ■整形外科への受診

痛みや怪我があれば当然ですが、自覚症状がない場合でも思わぬダメージを負っている可能性があります。ですので、事故に遭ったら必ず整形外科を受診しましょう。受診は早ければ早いほど良いです。事故から日を空けて受診してしまうと、事故で怪我を負ったという因果関係が証明しづらくなってしまうからです。「事故以外で痛めたのではないか?」という疑問が生まれてしまうわけです。因果関係が証明できないと、当然保険金や慰謝料の支払いにも影響が出てきます。ですから、なるべく早く整形外科を受診する必要があるのです。

 ■整骨院の利用

整形外科に受診すると同時に整骨院の利用もおすすめします。むち打ち症など整形外科は対症療法としてでしか治療できない症状であっても、整骨院では根本的なケアが可能なことも多いからです。整骨院の利用にも保険が効くのですが、事故と怪我との因果関係が認められていることはもちろんですが、整骨院への通院に医師の同意が必要となる場合もあります。可能ならば整骨院に理解のある整形外科を選ぶと良いでしょう。

 ■まとめ

以上、交通事故に遭ってから整骨院に通うまでに必要なプロセスについてお話ししました。

整骨院で保険を利用する際には、特に交通事故での正確な状況報告、迅速な整形外科への受診が大切になります。交通事故という不幸にさらなる不幸を上塗りすることのないよう、対応方法をしっかり確認して日頃から備えるようにしましょう。

交通事故に遭ってしまったら~詳しくはこちら

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修
——————————————————————————-
交通事故の治療事例多数!夜19:30まで受付
交通事故治療のご相談は八王子くわの森整骨院までお気軽にお問合せ下さい!

top


——————————————————————————-

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

八王子|整骨院|治療|交通事故での腰痛はギックリ腰

   

交通事故治療のご相談は八王子くわの森整骨院にお任せ下さい。

腰椎捻挫の症状と治療方法とは

交通事故の外傷はむちうち(頚椎捻挫)が多いですが、交通事故がキッカケで起こる腰痛もあります。交通事故による腰の外傷で多いものは、ギックリ腰=腰椎捻挫です。重いものなどを持ったときになるようなイメージがありますよね。重いものを急に持ったりして腰椎に無理な力が加わることで起こる腰椎捻挫は、交通事故での衝撃でも起こります。交通事故でのギックリ腰についてお話しします。

ギックリ腰とは?

ギックリ腰は、背骨(脊椎)の腰の辺り(腰椎)の椎間関節に急激に無理な力が加わり、筋肉や神経などを痛めてしまう(捻挫)ことで出現します。この場合、骨や椎間板には問題がないので、骨折や椎間板ヘルニアと違って足のしびれや痛みがないのが特徴です。

交通事故での外傷で腰痛がある場合は、まず腰椎捻挫を考えて検査や診断を行います。交通事故での外傷では急な痛みの出現なため、自覚症状だけでは腰椎捻挫とは診断できません。腰椎や骨盤の骨折も交通事故での外傷にはあり得ることなのです。

診断と治療は?

病院でレントゲンやCT、MRIなどで骨折やヘルニアがないかを確認します。骨や椎間板に問題がなければ腰椎捻挫と診断されます。

腰椎捻挫の場合、病院での治療は湿布や痛み止めの処方が主となり、安静が指示されます。固定にはコルセットが処方されることが多いようです。

腰痛が長引く原因とは

腰椎捻挫でも痛みがあるうちは安静にしますが、長期間安静にすることによって腰の辺りの筋肉が血行不良によって固まってしまうことがあります。外傷での炎症は収まっているものの、この固まり弱くなった筋肉を動かすことで痛みが出ることがあるのです。

痛みは交通事故をして直ぐの痛みとは違うものですが、自分ではなかなか判断がつきません。そのため、痛みがあると余計に安静期間を作ってしまい、痛みを悪化させてしまっていることがあるのです。

このサイクルによって、交通事故による腰痛を慢性化させてしまい、長期間腰痛に悩まされてしまうこともあります。

早めに治療をはじめるのが大切

頚椎捻挫(むちうち)でも腰椎捻挫(ギックリ腰)でも、長期間悩まされないようにするためには、とにかく早めの治療がカギを握っています。先ほどもお伝えしたように、病院では湿布や痛み止めの処方が多く、安静を指示されるので、早期の治療はほとんど行いません。その点、整骨院などの治療院では、早期の治療を行うことができます。整骨院では患部に炎症がある場合は、無理に動かすことはせず、炎症による痛みを抑える治療や姿勢の指導、炎症が収まったら少しずつ動かし、筋肉のこわばりを予防するように治療します。

病院で処方される湿布は冷湿布が多いですが、これは消炎鎮痛剤が含まれているため、炎症を抑える効果があります。も

整骨院で治癒を早める

湿布での処置でも、用いれば腰痛の緩和に役立てることができるでしょう。さらに、その上で、自分でストレッチや体操を行うことで治癒を早めることができます。

整骨院では、体のコンディションをチェックしながら治療方法を考えるので、自己流の治療法よりも効果的に治療することができます。また、湿布や体操だけではなく、全身調整などの治療もあることも特徴で、その人に合った治療を行います。

とにかく早めの対処がカギ

外傷を負ったら、なんとなく安静にするというイメージがありますが、外傷を負って直ぐにでもできることがあります。この早期の対処が今後の痛みとの関係を変えるカギとなっているので、できるだけ早く治療することが大切なのです。

交通事故での腰痛はギックリ腰~詳しくはこちら

   柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修

——————————————————————————-
交通事故の治療事例多数!夜19:30まで受付
交通事故治療は八王子くわの森整骨院にお任せ下さい!

top


——————————————————————————-

         

※お客様個人の感想であり、結果、感想には個人差があります。

1 2 12