むちうち

八王子くわの森整骨院首の痛みイラスト

  • 事故後2週間ほどで痛みが出てきて、今更どうしたら良いかわからない
  • 痛みを我慢していたら、しびれるようになってきた
  • 首が重だるく、頭痛や吐き気を伴う
  • 専門機関に行ったが、湿布の処方のみで不安を感じている
  • 「これ以上改善しない」と言われたむち打ちをなんとかしたい

身体に不調がある方もない方も、とにかく早期施術が肝心!

jiko_img01交通事故後の代表的な痛みと言えばむちうち、ひどいしびれ・頭痛・吐き気など様々ですが、交通事故はあまりに一瞬の出来事で、痛みを全然感じなかったり、意外と平静でいられる、というようなことがよくあります。これはショック状態の一つで、大きすぎるショックを受けると防衛反応が働いて感覚や感情に麻痺をおこすためです。

そのため、実際には大きく損傷している自身の身体の状態に気付けないことがしばしばあり、2・3週間してやっと不調に気付くということもあるのです。事故後の2・3週間は施術にとって最も大切な時期であり、この時期を逃すと痛みで仕事ができなくなるなど、相当悪化していることがほとんどです。不調を感じていない場合でも、すぐに専門機関へ行くことをおすすめします。

むちうち・交通事故施術

jiko_pic01交通事故後は、とにかく初期対応が最も大切です。しっかりと冷やして正しく固定をし、安静な状態を保つこと。このシンプルに思える処置が、むち打ちなどを悪化させないために最も重要なことなのです。

この基本の対処は、早ければ早いほど回復が早いですので、後に痛みを残さないためにも早めに八王子くわの森整骨院にご来店してください。ご家庭でのセルフケアの方法や、今の身体の状態にどのような動きが良くないかをしっかりとお伝えし、「安静」を保つための生活指導も行っています。ただ施術にきていただくだけでなく、ご自身の状態をしっかりと理解していただき、ご自身で身体を守る意識を持ってもらうことを大切にしています。

ブロック式骨盤矯正が交通事故に有効な理由

jiko_pic02事故後の痛みの部位や痛みの強さは、事故前の身体の状態に大きく左右されます。例えば、もともと身体が左に傾いている方であれば、右の背中の筋肉の緊張が強いため、事故によって右側が大きく損傷します。

その損傷部分から首が引っ張られて、むちうちの痛みが出ている、というようなこともあります。つまり、首が痛いからと言って首ばかりをさわっても、そもそもの根本箇所を治さないと全く意味をなさないこととなります。このように、事故後はもともと持っていたねじれが影響するため、部分的な施術よりも骨盤矯正が有効的です。

八王子くわの森整骨院では、痛みの関連性をしっかりと検査して洗い出し、根本から痛みを取り除いていく骨盤矯正施術を提案しています。八王子くわの森整骨院では、事故後一日も早い身体の回復をお手伝いしています!