スタッフブログ

四十肩・五十肩と肩こりの違い|八王子市|整骨院

最近肩の痛みが辛いとお悩みではありませんか?
40代、50代になると四十肩・五十肩が生じる可能性もあるため、肩こりなのか四十肩・五十肩なのかどちらの肩の痛みか分からないとお悩みの方もいるでしょう。
もしくは、四十肩・五十肩にも関わらず肩こりだと考えて対処している方もいるかもしれません。
そこで、今回は四十肩・五十肩と肩こりの違いについてご紹介します。

四十肩・五十肩とは

四十肩・五十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」です。
名前の通り、肩関節の周辺に炎症が起こることで肩に痛みが生じます。
40代・50代になると生じる方が増えるため、四十肩もしくは五十肩と呼ばれています。
加齢と共に関節や筋肉は衰えていき、運動不足なども重なることで関節を使わなくなっていきます。
そうすると、関節や筋肉が徐々に硬くなってしまうことで動かしにくさや痛みが生じるようになります。

肩こりとは

肩こりは、筋肉の緊張や血行不良による疲労の蓄積が原因で生じます。
筋肉の偏った使い方や不良姿勢が習慣になっていると、身体の筋肉バランスが崩れることで肩に大きな負荷がかかるようになります。
そうすると、肩の筋肉は緊張することで硬くなってしまい、血管や神経を圧迫することで痛みが生じるようになります。
肩こりが起こる原因は日常の積み重ねであり、突然生じるものではありません。

四十肩・五十肩の肩こりの違い

四十肩・五十肩は肩こりが悪化したものだと考える方もいるようですが、根本的に大きな違いがあります。
四十肩・五十肩の場合は関節に炎症が起こりますが、肩こりは筋肉が疲労している状態です。
そのため、どちらも痛みがあるものの、四十肩・五十肩の方が痛みは強くなっています。
また、四十肩・五十肩の場合は肩こりと異なり、肩や腕の動かしにくさが生じます。
肩こりは肩の痛みや重さはあっても、肩や腕を動かすことはできます。
四十肩・五十肩では思うように腕や肩が動かせないため、日常生活にも支障をきたすことも多いでしょう。
こうした辛い症状がずっと続くわけではなく、四十肩・五十肩は時間が経過すれば痛みが緩和されていき、腕や肩も動かせるようになっていきます。
肩こりは一時的に症状が緩和されることがありますが、身体のゆがみがあれば慢性的に症状が続きます。

ケアには注意が必要

四十肩・五十肩は炎症を起こしている状態なので、痛みの強い時期には冷やして炎症を抑制する必要があります。
しかし、肩こりは温めることで緊張した筋肉が緩和され、痛みが軽減されることから四十肩・五十肩でも痛みの強い時期に温めるという間違ったケアを行ってしまうケースがあります。
炎症の強い時期に温めると、症状の悪化や治りが遅くなるといったリスクが高くなります。
そのため、肩の痛みは肩こりなのか四十肩・五十肩なのか見極めて正しいケアを行わなければなりません。
どちらの症状か分からないという場合には自己判断せずに、整骨院へご相談ください。

肩こりも四十肩・五十肩も整骨院でケア出来ます

肩こりや四十肩・五十肩は、整骨院で根本の原因から改善することで再発や慢性化を予防することができます。
とくに四十肩・五十肩は状態を見ながら動かせる時期がきたら少しずつ可動域を広げられるように動かす必要があります。
そうすることで、四十肩・五十肩の再発予防になり、四十肩・五十肩から慢性的な肩こりになってしまうことの予防になります。
また、肩こりの場合は根本の原因となる身体のゆがみを矯正で改善することで、辛い慢性的な肩こりやさまざまな不調の改善が期待できます。
肩の痛みの原因が分からないというような場合でも、お気軽にご相談ください。


>>「四十肩・五十肩と肩こりの違い」ほか首や肩の症状に関するブログはこちら

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


整えた筋肉が疲れやすくならないよう施術し首や肩周りの凝りの改善をします。

八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! >>MAP
痛みの原因を明らかにし「再発させないように」しませんか?
>>TOPへ

     2021年06月30日    

         

※個人の感想であり、効果には個人差があります。