スタッフブログ

妊娠前後の腰痛と骨盤の歪み

妊産婦の多くでみられる悩みに腰痛が挙げられます。
妊娠前後の体重の変化や産後の骨盤帯の歪みにより、腰背部に負担がかかりやすくなることが影響しています。
八王子くわの森整骨院では、骨盤の歪みにアプローチし腰痛の軽減を目的とした施術を行っています。

産後に生じる腰痛の原因

妊娠を経験したことがある方の中には、腰痛に悩まされツラい経験をしたことはありませんか。

腰痛は、産前からの体型の変化や出産に恥骨が拡がり、身体を支える骨盤が不安定になることが原因となるのです。

骨盤を形成する恥骨は、出産のために分泌されるホルモンにより結合部分が緩みます。
そのため、通常よりも骨盤が不安定になり、重たくなった身体を支えるために脊柱や腰背部の筋力で補おうとする代償動作がみられます。

お腹が大きくなった時や赤ちゃんを抱っこする際にも同様で、体幹を前傾、もしくは後傾してバランスをとることが多く、必然的に腰背部の筋肉の緊張が高まりやすい傾向があるでしょう。

これらのことより、妊産婦は腰痛を患うリスクが高くなるのです。

他にもホルモンの影響や心因性によるケースもありますが、産後に腰痛が慢性化するケースは珍しくなく、特に骨盤の歪みや姿勢に関してはしっかりとしたケアが必要と言えるでしょう。

慢性化させないためのケアが大事

産後は、関節が緩んだり、骨盤が歪んだりした状態で過ごすため痛みを引き起こしやすく慢性化しやすい状態と言えるでしょう。

しかし、多くの方が子育てなど多忙な生活を過ごされているため、ご自身のケアを後回しにしてしまう傾向があるのです。

ご自宅では、ストレッチや体幹の筋力トレーニングに取り組むことも悪くはありません。

確かにケアに通う時間を確保することが難しいかも知れませんが、産後に自宅でケアを始めると正しい方法で行えない場合もあるはずです。

そのため、ケアを始める前に「正しい方法で一人一人に合った対策」を知ることが慢性化させないポイントです。

産後の骨盤矯正とは?

当院では、産後の骨盤の歪みを元に近づける「骨盤矯正」にも力をいれています。
具体的には、痛みに配慮した「ブロック式骨盤矯正」を行わせて頂きます。
ブロック式骨盤矯正では、歪んだ部位にブロックを差し込みお客様の体重を利用して、施術していく方法です。
そのため、矯正でイメージされるようなボキボキと動かすことはなく、リラックスした状態で施術を受けて頂けます。

さらに、矯正した骨盤を「さらし固定法」とよばれる固定法で安定させることで、より高い効果が期待できるのです。

なお、さらし固定法は通気性もよく、産後の皮膚への影響もほとんどありません。

八王子くわの森整骨院では

妊婦の約60~70%もの方が、腰痛に悩まされています。
さらに産後も腰痛に悩まされることが続く場合も少なくはありません。
もし、産後に腰痛や骨盤の痛み、姿勢の変化を感じる場合には早めのケアが望ましいでしょう。
八王子くわの森整骨院では、痛みに配慮したブロック式骨盤矯正など多様な手技を用いて骨盤矯正に取り組んでいます。
産後の身体の変化やツラい腰痛などにお悩みの場合には、当院にお気軽にご相談ください。


妊娠前後の腰痛と骨盤の歪み

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


しぶとい腰痛は放っておいてもよくなりません!毎日痛いのを我慢するよりも
一度八王子くわの森整骨院で症状をチェックしてみませんか?

くわの森整骨院は八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP

TOPへ

     2021年02月28日    

         

※個人の感想であり、効果には個人差があります。