スタッフブログ

この痛み、寝不足のせい?睡眠負債と腰痛の関係とは

新しい生活様式が定着しはじめた一方で、環境に適応できず体調不良に悩まされていませんか?

最近よく聞く悩みが腰痛と睡眠に関するお悩みです。
睡眠が不足すると一見関係がなさそうな部分にまで影響を及ぼすことがあります。

八王子くわのもり整骨院では、心身のバランスを整え、疲れにくい身体づくりをサポートします。

 

<睡眠負債とは?>

睡眠不足は短期的な寝不足ですが、睡眠負債では「慢性的および持続的に睡眠不足が続くこと」を意味します。

この睡眠負債をかかえてしまうと、自律神経系が乱れたりホルモンのバランスが崩れたりしてストレスホルモンと呼ばれる「副腎皮質ホルモン」の分泌量が増えてしまいます。

そのため、寝ている間も筋肉の緊張が高まりやすかったり、疲れが取れにくかったりする場合にはこの睡眠負債が関与している可能性もあるのです。

事実、最近よく寝れない、寝てはいるけどすっきりしないなど睡眠に関わるお悩みの相談が増えています。

 

<睡眠負債が及ぼす効果とは?>

日本人の平均睡眠時間は他国より短いと言われていますが、6時間未満の睡眠が続くと下記のような影響があるのです。

 

  • 自律神経の乱れによる血圧の変動や
  • 精神神経系の異常として抑うつ
  • 脳内の老廃物の蓄積

など血管や神経系に影響を及ぼし、健康的な毎日を過ごすことが難しくなるのです。

 

<睡眠負債の原因は?>

睡眠負債を解消するためには、まずは生活習慣を見直す事が大切でしょう。

寝る前の飲酒やスマートフォン、PCなどを使用すると脳が覚醒して寝つきや睡眠が浅くなってしまいます。

 

また、デスクワークなどで筋肉がこりかたまると血の巡りが悪くなり、冷え症や女性であれば生理不順などにも影響するでしょう。

そうなると就寝しても疲れが残りやすく、睡眠負債が蓄積してしまうのです。

<睡眠負債と腰痛の関係性>

睡眠と腰痛ですが、腰痛の原因は骨盤の歪みが関与している方が多くみられます。

特にデスクワークが増えたことにより肩こりと腰痛で悩まれる方は増加傾向にあるのです。

長時間のデスクワークが続けば、どうしても背中をそったり、まるめたりと不良姿勢で過ごす機会が増えてしまいますよね。

骨盤が前傾もしくは後傾した状態で過ごすと、背中やお尻周りの筋肉が短縮したり伸びたりした状態で固くなってしまいます。

また場合によっては左右で骨盤が開くケースや、左右で高さが異なることもあるでしょう。

骨盤が歪むことで脊椎の変形や背骨周りの筋肉の痛みが生じ、慢性化すると持続的に腰痛が生じてしまいます。

さらに、骨盤が歪むと内臓や消化器に関与する神経にも影響します。

そのため、結果として腰痛や骨盤の歪みが睡眠負債の要因となっていることも考えられるのです。

 

<腰痛を解消するためには>

当院では骨盤の歪みを解消するために、筋肉へのアプローチの他にも骨盤矯正に力を入れています。

今まで治療院や病院に通ってはみたものの、なかなか疲労が取れなかった方、また対処療法ではなく生活の質を改善させたい方にはぜひ「ブロック式骨盤矯正」がおすすめです。

施術の際の痛みも感じにくく、施術後も身体が軽くなる感覚を体感できるはずです。

併せて、運動指導や生活習慣に対するアドバイスも行っています。

睡眠が浅い方や腰痛に悩まされている方はぜひ一度体験していただけますと幸いです。

 

<八王子くわのもり整骨院では>

八王子くわの森整骨院では、腰痛や肩こり、スポーツ障害など多様なニーズにお応えできるように日々研鑽を行っています。

新しい生活様式にシフトし始めたといっても、これから先も体調管理は必要となるでしょう。

まずはご自身の不調の原因を取り除けるように睡眠や仕事の習慣など一緒に見直してみませんか。

慢性的な身体の不調にお悩みの方は、お気軽に当院までお問い合わせください。

 


>>腰の痛みにお困りの方はこちらもどうぞ

柔道整復師・八王子くわの森整骨院院長 剣持真克登監修


不調をそのままにしないで、睡眠や仕事の習慣など一緒に見直してみませんか。

八王子駅徒歩5分、「横山町」バス停目の前! MAP
通院しやすいくわの森整骨院で身体のケアをしませんか?
TOPへ

 

 

 

     2021年05月18日    

         

※個人の感想であり、効果には個人差があります。